« このはな綺譚・第1話 | Start | 十二大戦・第1話 »

URAHARA・第1話

冒頭、始まった時はロリガとかフリフラみたいな感じかなと思ったが、もっとふわっとした感じだった。左手でデザインする(ここ大事w)須藤りと、なんでもイケてる白子まり、脳天気っぽい綿柚ことこ。

三人で裏原の元ニコニコ本社に店を構えていたが、ある日変な客が来たかと思ったらここで作られている物は全て素晴らしいと言った後、あとで取りに来ると言って帰ってしまう。

その後だった。宇宙人が地球に襲来して次々と文化物を奪い始める。やがて原宿方向にも飛来しそうと言う事で三人は逃げようとしたものの、やはり自分達はあの店で構えるべきだととって返したところで謎の女の子が落ちて来た。

丸野みさは一度宇宙人に掠われたもののえびふりゃーによって助けられて脱出したらしい。えびふりゃーによると宇宙人は自分達で文化を創造する事が全く出来ないので宇宙に侵略してそこの文化を全部盗むのだそうだ。

はあそうですか。地球には四千年とか五千年の歴史があると誇っている人達がいますので、そこだけ根こそぎ持って行ってくれませんかね。二千年程度の文明は見逃して下さい。

そのえびふりゃーの持ち出した武器によって三人は武器を創造して宇宙人と戦う。
参考資料


はー、まあなんでしょうね。
何故こんな子供だましみたいな設定なんだか。
クランチロールで海外向けに作ったから日本人向けの複雑な話にする訳に行かなかったのでしょうか。

多分二話以降は見ないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« このはな綺譚・第1話 | Start | 十二大戦・第1話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf URAHARA・第1話:

« このはな綺譚・第1話 | Start | 十二大戦・第1話 »