« Dies irae・第0話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第1話 »

王様ゲーム The Animation・第1話

ああ、また「理由は無いがともかくこの超常設定をまずは受け入れろ」枠か。
冒頭を見てそう感じた。もうこれだけで切ろうかと思った。

しかしその直後に一応普通の場面から始まる。
転校生の金沢伸明は最初から無愛想で果ては自分に構うなと言ってクラスメートから逃げ出す。そんな彼を本多奈津子はいつも明るく受け入れてくれようとするのだ。しかも奈津子は両親を事故か何かで亡くしている身の上だと言うのに。
参考資料

こうやってこの学校での生活が始まった伸明は、体育祭のリレーに出ようと誘われる。それは転校して来た伸明の歓迎イベントでもあると言うのだ。リレーに出て、最後は奈津子の素晴らしい走りでクラスは優勝する。そうやってクラスの中に溶け込み始めた所で事件は起きる。

午前0時にスマホにメールが届く。それが王様ゲームの始まりで、伸明と奈津子は24時間以内にキスしろと言うのだ。それがクラス全員に送られた。クラスメートは当然何の冗談だ、伸明が仕込んだんだろうと笑うが、伸明には分かっていた。それが死のゲームの王様ゲームの始まりだと。

奈津子は何故か伸明に一目惚れをしていてこの命令は嫌ではなかったが、伸明はこれを遂行してゲームが本格的に始まったらどのみち奈津子は殺されると思って最初は拒絶するものの勘違いで0時直前にキスをしてしまった。

こうして本格的にゲームが始まり、クラスメートは次々と死んでいる。この異常事態に伸明が何かやってるんだろうと言うが、でも落ち着いて考えたらこいつに人を殺す力など無い。でも恐怖の前には落ち着いて考えられなくて生贄を求めるからね。

そしてトドメは伸明を吊し上げたヤツが血を吹き出してみんなの前で死に、嫌でも伸明の言っていた王様ゲームと言う力があると知る。


彼ら・彼女らを突き動かす「王様ゲーム」があまりにも理不尽な事象なのでそこが受け入れられないと見続けられない。
はい、私は見続けられないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Dies irae・第0話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第1話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 王様ゲーム The Animation・第1話:

« Dies irae・第0話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第1話 »