« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第4話 | Start | Just Because!・第4話 »

このはな綺譚・第4話

球が転がって来て衝突、と言う夢を蓮が見た。驚いて起きてみたらいつもどおりに棗が隣で寝ている。そして起きてみたら、なんと言う事でしょう!お腹が大きくなっているではないですか。

悲鳴を聞いて柚と皐が駆け込んで来て蓮のお腹が大きくなっているのを見る。蓮はこれは棗がこうしたのだと言うし、棗も二人の子とか思っちゃうし、柚もそれに乗るし、普通に考えられるのはこう言う場合は皐だけ。

よく見ると蓮のお腹に卵がくっついていた。
参考資料
最初見た時はボールみたいなのが転がって来た→衝突→この時にくっついた→蓮は気を失った→みんなが運んでくれた、と言う流れなのかと思ったが、いつのまにくっついたんだな。

ともかくこんな状態で今日は働けないので、蓮はお腹の具合が悪いと言う事で(あながち間違いではない)寝てお休みする事にする。

横になっているうちにうとうとと寝た蓮は夢を見た。棗が王子様の格好をして蓮のところから去ってしまう夢だったが、それが暗い背景の消滅とともに棗と一緒にいられると言う夢に変わる。

悪夢のところでうなされたらしく、棗が心配して蓮を起こすと卵が取れて転がって行く。そして転がった先の皐のお腹にくっつくのだ。とすると、あの悪夢→解消はどうやらこの卵がやったらしい。

今度は皐がお休みせざるをえない。やはり横になってうとうとすると蓮と同じ様に夢を見た。皐に卵がくっつく前に、先日の桜が咲いた時に居たと言うお客から、あの舞台の中央で舞いをしていた巫女の話が出ると、棗がうっかりあれは皐の姉・・・と喋りそうになったので皐が腹バン。これを見ていた柚がほわほわ主人公ながら前回に引き続いて他人の心を見抜くと言うか思い至るしっかりした子だと分かる。ともかくそんな事があったせいか皐は姉の柊の夢を見た。姉と自分のどちらかが此花亭に奉公にと言う時に自分の気持ちを殺して巫女になりたいと言わなかったあの時の気持ち。でも蓮と同じ様に暗い背景が晴れて今度は柚が此花亭に来るのが誰でも良かったなんて事はなくて皐じゃないとダメなんだと包み込んでくれた(この夢の中では皐の方が小さい)。

これでどうやらあの卵は悪夢を食べてくれるらしいと分かった。次は誰にくっつくのかと思ったら、これで卵が孵化する。中から出て来たのはうり坊みたいな動物で、てっきりもっと獏な感じの動物が出るのかと思ったが、小さい時はこんな感じなのだろうか。女将が何も言わないと言う事でどうもこのままうりのすけとして此花亭で飼われる事に。
参考資料
ところで皐の時、最初は仲居の服の上にくっついたのに、寝てる時は寝間着の上にくっついていて、一体どうやって着替えたのか。


赤ん坊が泣いている。どこの子だろう、どのお客さまの子だろうと皐達は探す。柚はおつかいを頼まれた客の老婆の所へ。そこでは小さい子の服を用意しているのを見かける。

するといつの間にか赤ん坊を見失って今度は小さい子を発見。これがあの老婆の持っていた服と同じなのできっと老婆の言う志乃と言う孫ではないかと皐が抱き上げたらお漏らし。皐もまきこまれたので一緒のお風呂に入って、その間に柚が着物を洗ってあげる。ところが代わりの着物を着せたらすたすたと居なくなってしまう。

次に出現した時にはさらに大きくなっていた。どうやらあの赤ん坊がそのまま大きくなっているみたいだ。樹の上に鞠が乗ってしまってそれを取ろうと登ったのに下りられなくなった感じ。これは身軽な棗が飛び乗ってその子を抱きかかえて下りて来る。ありがとうお兄ちゃんと言って別れるが、棗は僕はお姉ちゃんだぞと言うものの、その格好でその台詞は説得力がない。

次に蓮が遭遇した時はもう少し大きくなった女の子。今来ている着物がセンスがないとふくれているが、蓮がそう言うのは自分で工夫すると可愛くなるのよとやってくれる。この蓮に寝間着を洗ってくれてありがとーと棗が抱きつくから、さっき惚れた女の子は早々と失恋。いや、お姉ちゃんなんだけどね。
参考資料

柚はどうやら老婆の話が嘗て生まれた自分の子志乃をずっと彼方に追いかけていて、その子の為の着物を縫っているのだと気が付く。それは桐には既になにもかも分かっていた様で、幻覚を見ていると思うより、お客さまが見ているのがその人の真実なのだと言う。

そしてやがて花嫁衣装を縫い上げたところであの子は大きな娘となってやって来た。あの子は此花亭で小さい姿から大きくなるまで幸せな時を過ごせてやがて二人で旅立つ。老婆も現世の人じゃなかったんだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第4話 | Start | Just Because!・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf このはな綺譚・第4話:

« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第4話 | Start | Just Because!・第4話 »