« 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 | Start | アニメガタリズ・第4話 »

宝石の国・第4話

金剛先生の周りに月人が沢山。どう言う繋がりなのかと思ったら、金剛先生の「夢」だった。おい、瞑想とか言っていてやはり寝ていたんだな。このあともうっかり「ね・・瞑想」って口走る所もあるし。

ジェードがやって来てね・・瞑想中に何かあったかと聞いたら、月人がやって来たと言うので何故起こさなかったかと言うが、いや、起こせないし、それにボルツが片付けてくれたから。しかしカタツムリが落ちて来て、フォスフォフィライトが飲み込まれたと言う事件もあった。

塩水に浸かって小さくなったそのカタツムリ、もう普通にフォスフォフィライトと会話している。すんげー饒舌に。その正体はアドミラビリス族を束ねるウェントリコスス王だそうだ。一瞬ウェルキンゲトリクスと空耳した。

そもそもこの近海に生息していたそうで、あれだけ巨大化していたのは月人に攫われて甘い水で飼育されているうちに巨大化してしかも思考能力まで失ったのだそうだ。それが塩水に入って本来の姿になった。本当かどうかは分からない。
参考資料

こんな会話をしていると次々と通りすがる仲間にフォスフォフィライトはノイローゼでナメクジと会話していると見做されて休んでいろとまで言われる。フォスフォフィライト、いつも情けない位置にいるなw

ウェントリコススからシンシャがフォスフォフィライトの状況を知って(ダイヤが連れていたから)、きっと殻に取り込まれたのだろうと指摘したおかげで自分が元に戻ったのだとフォスフォフィライトは知る。またシンシャに助けられてしまった。シンシャに何とかしてあげると言ったのに。

ウェントリコススと会話しているのをルチルに見とがめられて、フォスフォフィライトはもう一回分解して組み直すと掴まれるが、それをはらってウェントリコススを投げつけると、ルチルはこれを蹴飛ばす。

そして飛んで行った先が、あの予告で出ていた金剛先生の頭だw
参考資料

金剛先生は一応フォスフォフィライトの言う事を信じる。ウェントリコススが貝族の王であると認めて、王の世話は会話が出来るフォスフォフィライトに任せると言う。この折にフォスフォフィライトはシンシャが他の事が出来ないかと聞いてみるが、あれはシンシャが見つけた仕事だ、残念ながら自分はそれ以外を見つけられていないのだと言う。

金剛先生に聞いてもシンシャに別の仕事を見つけられなかったと落ち込むフォスフォフィライトに、ウェントリコススはここには無いかもなと、海の中にはありそうな事を言う。だからフォスフォフィライトは禁止されている海に行ってみる気になった。

ところが宝石の国の住人はあの姿をおしろいで維持している。海に入ったらそれが全部流れてしまう。だから水に入る時は防水の樹脂を塗る。ユークレースが池に入る用事が出来て樹脂を塗って貰いにルチルの所へ行ったが、何故か樹脂が無い。ああ、フォスフォフィライトが勝手に持ち出したか。さらにレッドベリルが新作の制服が無くなった、丈夫に作った制服がと駆け込んで来る。ああ、それもかよ、フォスフォフィライト。
参考資料

あっさりルチルにバレてフォスフォフィライトは金剛先生の前に引き出される。事情を話したフォスフォフィライトだったが、金剛先生は許可しないと一言の下に却下。海に行きたいのなら先ずは陸の事を済ませてからだと。

しかしそれでは一体何時になるか分からない。ところがウェントリコススが弱ったのを見てやはり海に行く事にした。てっきり弱って死にそうかと思ったら、単に寝落ちだったのだが、それでも衰弱しつつあるのには違いない。この時にフォスフォフィライトは「死」と言う物を初めて目の当たりにしかけた。ウェントリコススは言葉を選んで分かる様に説明したが、そうだな、それは永遠に失われると言う言い方の方が良かったのではなかろうか。

ウェントリコススに海中には宝石の国の住人と似た姿の生き物がいると言われて海の中に入ったが、しばらく海底を歩いているとウェントリコススが足が沢山ある上半身は女性の様な姿になった。でもフォスフォフィライトには女性の姿は初めてなので、胸にあるまあるい袋の様なものが不思議で、思わず「水袋」とw 一方ウェントリコススはありがたい物だと言う。

海底を進みながらウェントリコススは嘗てこの星には人間と言う生き物がいて、それが肉と骨と魂の3つに別れてしまったと言う話をする。つまり肉はアドミラビリス族に、骨は宝石族に、そして魂は月人になったと言うのか。

では月人が宝石族やアドミラビリス族を襲うのはその三者を合わせて元の人間に戻ろうとしているのだろうか。まさかの設定出現。

ウェントリコスス王の故郷と言う何もない海底に着くともう夕方も近いし、しかも海中だと光の届く量も少ない筈、フォスフォフィライトはすっかり疲れて横になってしまった。だが、その時にウェントリコススは自分にも大事な物がある、許せと言うと、月人の槍がフォスフォフィライトに襲いかかって来た。フォスフォフィライト、またも分解。

ウェントリコススの弟、アクレアツスを人質に取られてその質として月人にフォスフォフィライトを引き渡すつもりらしい。
参考資料

おお、話が凄い方向に進んで来た。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 | Start | アニメガタリズ・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 宝石の国・第4話:

» 宝石の国 第4話 『魂・肉・骨』 カタツムリも人の形になった! [こいさんの放送中アニメの感想]
何故宝石やカタツムリが人の形をしているんだろう。アニメお得意の「擬人化」だと思っていました。まさかちゃんと理由があったとは。 金剛先生のイメージトレーニング?沢山の手が怖いですが、光っただけで消滅。寝すぎた。夢発言と言い、半ば認めちゃってますね。 全アドミラビリス族を束ねる王ウェントリコススである!いきなり王とか言われても前回ウンコ飛ばしていた奴ですし。フォスだけが会話できるようになったカタツムリ。傍目には「フォスが独り言ブツブツ言っている」... [mehr]

verlinkt am: 30. Oktober 17 11:17

« 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 | Start | アニメガタリズ・第4話 »