« このはな綺譚・第4話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 »

Just Because!・第4話

相馬が森川の為に犬に慣れたいと言うので、夏目と泉が協力したのだが、小宮が泉との取引で連れて来たのは猫だった。この後分かる様に、小宮は観察眼はあるのだが、性格がいい加減。そう言えば写真部の部室の大掃除をやると言い出したのにすっぽかしていた。

相馬は何とか犬と一緒の写真を撮ってLINEへ。

その帰り道、相馬は無神経にも(いや、知らないんだから仕方ないか)夏目に好きな人は居るのかと聞く。何故そんな事をと言われるが、自分だけ森川が好きなのを知られているからだと。まあ、一応それは分かる。夏目は相馬に告白がうまく行くといいねと言うが、これは心が痛いな。
参考資料
そしてまるでそれを知っているかのように犬の表情も悲しい。
参考資料

帰り道グループその2。コンビニに泉と小宮が寄っていたが、小宮は泉が夏目の事を好きだと見抜いていた。会ったばかりなのに本当に観察眼が鋭い。ファインダーでずっと見ていたので気がついたのだろう。証拠写真まで撮ったしね。でも泉はしらばっくれずに認めてしまった。素直、と言うかあの写真を脅しに使われたからか。

そんな感じでLINEのグループで話をしているうちに、初詣に行こうと言う約束が出来る。しかしここで夏目が策略を立てるのだ。相馬と森川と夏目と泉と乾の5人で待ち合わせの筈だったのに、夏目と泉と乾が家の用事などでドタキャンの形にして相馬と森川の二人だけにすると言う作戦。よくある話だが、それを立てたのが夏目とかね、もうね。

相馬の方は森川と一緒に甘酒を飲んだりして雰囲気は良い。これなら少なくともそう悪い返事にはならないだろう、とは相馬さえちゃんと告白出来れば、とこの時は思った。

一方の夏目と泉の方。乾が後輩たちにつかまって離脱してこちらも二人に。恋愛おみくじを引いてみたら(泉は嫌だと言ったのに。前にも拒否したけど結局やったとかなかったっけ)夏目が末吉で泉が吉。まあ凶が出るよりいいんじゃないでしょうか(震え声)。

相馬どうしてるかな、週末は暇ですかは無いよねと夏目は言うものの、でも泉はちゃんと言おうとするだけでも違うじゃないかとも。そうだよね、この二人、言おうとしていないからね。

でも夏目はそれで良いのかと言う泉。仕方ないじゃない、受験とかあるんだからと言う夏目に泉はそれを言い訳にしているだけじゃないかと踏み込んだら、夏目は泉に「あんたには関係ないでしょ」と突っぱねる。

相馬の方は小田急江ノ島線の走る横の道でとうとう森川に告白した。しかも言葉を濁さずに。だが森川の返事はそっけない。ごめん、つきあえない。
参考資料
いやに取り付く島がない。これは単に相馬はダメだと言う以外の何かがありそう。一つは高校卒業後に兵庫の大学に行く事とか関係あるのだろうか。何しろ森川の家は葉月の他に妹一人と弟二人が居る。今迄は葉月が弟二人の世話をしていた。そして妹と相部屋になる様な規模の家だ。少なくともお金に余裕のある家庭には見えない。でも兵庫の大学に一人で行く。家庭事情が何かあるのかもしれない。

そしてもう一つ。相馬と森川が二人で居るのを佐藤真由子と鈴木桃花が目撃して(どうでも良いが、三人組はどれも名字が普通)夏目の恋心を知っている上に、佐藤はあの地味な子(森川)は嫌いだと言い放つ。
参考資料
森川はそんな学生生活を送っている。関係あるだろうか。

こうして男性二人、相馬はお断りされ、泉はあんたには関係ないと言われ、二人とも心を寄せた女子に突き放されたのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« このはな綺譚・第4話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf Just Because!・第4話:

« このはな綺譚・第4話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第4話 »