« 舞台探訪・劇場版きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と京成臼井・補訂版 | Start | ナイツ&マジック・第9話 »

Re:CREATORS・第19話

カロン登場で一気にダメ女になってしまったセレジア。カロンがアルタイルに騙されてしまっているのは仕方ないとしても、セレジアはちゃんと最後まで言葉を喋ってカロンに説明しろよ。もっとも、今回の話を全部見たらセレジアがどう説得してもカロンの気持ちは動かせなかったみたいだが。

それはともかくセレジアがダメ女になったせいでメテオラの作戦は台無し。危機を乗り越えたアルタイルは拘束をあっけなく破るし瑠偉のギガスマキナは右腕を失い、さらにはその後の瑠偉の戦闘の邪魔になる。もうダメダメ。

拘束を解いたアルタイルの方にはアリステリアが単騎で果敢に攻撃を加える。しかし無敵に等しいアルタイルにはアリステリアの攻撃も通じない。地上ではやっと目を覚ました白亜が弥勒寺の言い分を聞く様になった。ブリッツ・トーカーに言わせれば自分の世界をあんなものにしたのは全て創造主のせいだと考えるのは無理のない話で、それをあっさりと違う視点で理解した弥勒寺は大したものだと言う。真鍳に坂額を取られると言う失態をした弥勒寺だが、それ以外では理解力も洞察力もこの中では優れていると思う。

こうして漸く白亜に対峙していた弥勒寺とひかゆとブリッツ・トーカーが白亜とともに対アルタイル戦に戻れる状態となったが、ここで出来るなら早くアリステリアを助けに行って欲しかった。単独で戦うアリステリアは究極の攻撃をアルタイルにしかけ、そしてそれは一見アルタイルを貫いたかと思った。ところがアルタイルのチート技「因果転変」でアルタイルが串刺しになった傷はアリステリアに。それでもなおアルタイルを倒そうとしたアリステリアの鉄拳までもが自分に降り掛かってくる。こうしてアリステリア退場。創造主高良田、たまらず外に出て泣き崩れる。
参考資料

アリステリアがやられてしまったのを見たセレジアが茫然とした所を突いて、カロンが貰ったぁと叫んでフォーゲルシュバリエでギガスマキナに突っ込んで行くのをぶっ飛ばしたのはひかゆさんw
参考資料
ブリッツ・トーカーはここでも「なんて事だ」とツッコミ役担当。

でもこの場面は単なるギャグ場面ではなくて、迷っていたセレジアにひかゆが説教する場面。いくら好きな男だと言ってその迷いは今迄セレジアを支持てきた人達やセレジアを捨てる事なんじゃないのかと。これで漸くセレジアは目を覚ました模様。

だが、これはカロンをぶっ飛ばした挙句にセレジアを覚醒させると言うアルタイルにとっては至極邪魔な行為でアルタイルがひかゆに攻撃をかけて来る。ここでやっとひかゆ他の弥勒寺と白亜とブリッツ・トーカーの連携によるアルタイルへの攻撃が始まるのだが、それとてやすやすと防ぐアルタイル。そもそもあの「因果転変」が発動出来たら攻撃を受けても平気なんじゃないのか。あれは接近して接触している相手にのみ有効なのか。

アルタイルに籠絡されたカロンに、瑠偉が反撃。「心が折れて」アルタイルの言い分に逃げているカロンに主人公たるものの心構えを訴えるが、これでも聞く耳を持たないのだからやはり説明してもダメだったのだろう。だから最後の手段はセレジアだった。セレジアが自分のフォーゲルシュバリエでカロンのフォーゲルシュバリエを捉え、自爆攻撃をかける。

松原、もういい、離脱しろと叫ぶのも虚しくセレジアのフォーゲルシュバリエは攻撃を放ってしまった。
参考資料
え?アリステリアのみならずセレジアも消失?

これでカロンまで失ったアルタイルは丸裸とは言っても単独で力があるし、ひょっとしたら未だ何かを出現させて対策会議側をどん底に落とすのではなかろうか。そしてその時こそが未だ何もやっていない颯太の出番なのではないか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 舞台探訪・劇場版きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と京成臼井・補訂版 | Start | ナイツ&マジック・第9話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf Re:CREATORS・第19話:

« 舞台探訪・劇場版きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と京成臼井・補訂版 | Start | ナイツ&マジック・第9話 »