« 東京・大雪 | Start | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第5話 »

マリー&ガリー・第36話

賞金百万ガリのガリハバラグランプリ。
参考資料
百万ガリって、お稲荷さまの十万ドンとかと同じじゃないよね。

参加メンバー
まずはガリレオ。
参考資料
えーと、タンクGTですね。

ニュートン。
参考資料
あんまり似たのがないなあ。丸い印象はガンセキオープンかな。

アルキメデス。
参考資料
ギャングセブンですね、分かります。

ダーウィン。
参考資料
これは、どうにもならないw

そして最後はマリカ。
参考資料
どう見てもプシーキャットです。ありがとうございました。
設計はダ・ヴィンチ・・・うっ(つД`)
ひょっとして田の中さん生きていたらここで登場して声が出たのかな。

と言う訳で、どこからどう見てもチキチキマシン猛レースだろと思ったら、そんなサブタイだった。
参考資料

ん?ちょっと、待て・・・
参考資料

おい、おい
参考資料

いいのかNHK教育!
ちょっと見えてますよ
(ちなみに「教育」と言うのはこの3月まで。4月からEテレと言う愛称にするそうだ。なんだそのE電みたいなの。)

レースはまさにチキチキマシン猛レースの様な展開になってブラック魔王の役目をガリレオが担う。マリカのマシンはプシーキャットかと思ったらマジックスリーみたいな能力もあった。
参考資料

そしてブラック魔王よろしくゴール目前でエンストしたガリレオのマシン。そこを回生ブレーキでエネルギーチャージしていたマリカのマシンが猛スピードで追い上げる。
参考資料
写真判定の結果はマリカの勝ちなんだが、回生ブレーキで充電していたってのはおかしくないか。下り坂でとかなら分かるがマリカは平地でブレーキを踏んでいたからなあ。

|

« 東京・大雪 | Start | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第5話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf マリー&ガリー・第36話:

« 東京・大雪 | Start | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第5話 »