« セキレイ・第10羽 | Start | 短命・隠居。日本の最高権力者のシステム »

ミニノート商戦は本当はどうなっているの?

そろそろ勝ち負けが出てきた様だ。でもニュースサイトが正反対に報じている。

「勝ち組と負け組が見えてきたっぽい」――アキバのNetbook販売状況(ITmedia +D PC USER)

こちらによると「Aspire oneは意外と売れていません。」と書かれている。Eee PC側に分がある書き方だ。
一方で別の記事。

「Aspire One」がシェア55.8%で依然独走中! 最新ミニPCランキング(BCNランキング)

これはもう見たとおり。Aspire Oneの圧勝。
もしこれに整合性を持たせるならば、Aspire Oneは市場の50%程度を占めているが、期待値が75%だったからそれに比べたら意外と売れていないと言う事?いやあ、それは無理があるなあ。

ああ、データ収集場所が違うのか。BCNランキングの方は「全国の主要家電量販店」。客層と量販店に置けるかどうかの違いが出たのか。

個人的にはそれこそいじる気持ちがないならAspire Oneの方が安くてお得だと思うがなあ。米国で値下げしたそうだが、日本でも値下げすればもっと出るのではなかろうか。


まあ国内メーカーが参戦すら出来ずに大敗北を喫しているのだけは明らかだが。


私個人としては「あー9月13日が待ち遠しい(棒)」状態w

|

« セキレイ・第10羽 | Start | 短命・隠居。日本の最高権力者のシステム »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ミニノート商戦は本当はどうなっているの?:

« セキレイ・第10羽 | Start | 短命・隠居。日本の最高権力者のシステム »