« 夏目友人帳・第13話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第13話 »

ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第13話

デストラクションコードはキリエだったクマ。
な、なんだってぇ~(AA省略)

と言う訳で、モルテが後生大事に抱えていた黒い球はキリエのデストラクションコードとしての記憶。それが記憶の迷宮でキリエが過去の記憶を呼び覚ました事でデストラクションコードが発動。世界は撲滅へと突き進もうとする。
参考資料:
参考資料:

とりあえず雑魚キャラ以外でモロに消されたのはワシ師。しかし民間人の被害はもっとあったろうなあ。キリエ、いや、モルテ、酷い事を。

あれだけ世界の撲滅を願っていたのに事ここに至ってモルテは掌を翻したかのようにキリエの発動を止める。ちゅーでw なんでしょうね、とんでもない勝手な女だったなモルテ。

そんな訳で、何となく微妙な作品だったワールド・デストラクション。大体「世界撲滅の六人」の「六人」って誰だ。あの三人組はいいとして一応最後まで救済委員会だったナジャやリ・アを含めるのか?それでも五人。全然別行動だったアガンまで含めちゃうの?


とりあえずこの作品での収穫は小林ゆうはキレた時の声が最高と言う事。

|

« 夏目友人帳・第13話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第13話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第13話:

« 夏目友人帳・第13話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第13話 »