« 我が家のお稲荷さま。・第22話 | Start | ミニノート商戦は本当はどうなっているの? »

セキレイ・第10羽

あー
限定解除券が切れてしまったー
まあ仕方がないね。普段は隠されているから祭もあると言うものだ。

久能と鷸を帝都から脱出させる為の作戦が始まる。と言っても皆人に良い考えがある訳ではないので勢い瀬尾に相談に行く。
参考資料:
まあ瀬尾も話は分からないヤツでもないので、有料で引き受けようと言うのだが、そこで皆人が切り出したのがこれだ。
参考資料:
皆人、おぬしも狡くなったよのう。

脱出作戦で新たに帝都のセキレイの勢力図と言うのが語られた。帝都は東と西と南に大きく勢力図が別れており、南は例の御子上、東は氷峨、西は真田が勢力をはっていると言う。おお、こりゃあますます第一期は御子上だけとの対決で終わりそうだな。空白の北には「般若」wが住んでおり、ちょっかいさえ出さなければ通過可能だから北から脱出しようとの事。ただ北に行くには荒川荒覇川がありそれを越えなくてはならない。見張りはいるが検問の無い鉄道橋を突破しようと言う事になった。

皆人のセキレイは月海を除いてこの作戦に参加するが、月海は「戦わず」のセキレイが許せない。皆人の再度の打診も諾とは言わない。抱きたくはならないのか、とは言うがw
参考資料:

この時の傷は美哉との手合わせの時に切られたものだろう。流石、般若、強いなw
参考資料:
参考資料:
あれ。あれだけちりぢりに破けた月海の服が一部だけ破けた状態にまで復活してるぞ。まるでヤマトの第三艦橋だな。

鈿女の方は今度こそ久能を仕留めないといけない。葦牙の命を氷峨に握られて今度こそ結達との戦いにならざるをえない。ひょっとして次回の鶺鴒紋消失は鈿女になるのかなあ。

|

« 我が家のお稲荷さま。・第22話 | Start | ミニノート商戦は本当はどうなっているの? »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf セキレイ・第10羽:

» セキレイ 第十羽(10話) 「脱出前夜」 [日常と紙一重のせかい]
前回はみんなの規制、アンロック!な感じでしたが今回は普通でしたね。あれ、普通だったっけ…? 公式よりあらすじ。 久能を守るため、帝... [mehr]

verlinkt am: 05. September 08 06:33

« 我が家のお稲荷さま。・第22話 | Start | ミニノート商戦は本当はどうなっているの? »