« スクエニが仮想空間サービスを開始 | Start | ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第13話 »

夏目友人帳・第13話

第二期がアナウンスされていなかったら「え?これで終わり?そんなー」と言う感じだったかもしれないが、第一期の区切りとしてはそれなりだったのではなかろうか。とりあえず軽くまとまっていたし。

大妖怪のくせに普段は情けないニャンコ先生。
参考資料:
つか、笹田純、ひでーよと言うべきかw
でも、笹田純の困り声「あれぇおっかしいなぁ」(by沢城みゆき)も良かったなあ。

そして何より子狐が出て来たのが良かった。
参考資料:

実は最終回を受けて2ちゃんねるのニュース速報に「夏目友人帳って凄くいいアニメだったね」と言うスレが立った。まあν速なんで褒める人間もいればけなす人間もいる。その中ではやっぱり子狐ファンが多かった。そしてやっぱり「こんな可愛い子が女の子の筈ないじゃないですか」と言われていたw

そして「同士よ、おまえもか」と思ったのは「ヒロインは塔子さんでOK?」と言う書き込みだった。
参考資料:
そうだよねえ!


この夏目友人帳は私にとって今期のNo.1。内容で圧倒的に一番。7月期の録画スケジュールを立てる時に「なんだか百鬼夜行抄に似た設定だなあ」と思い一話だけ見る事にしようかと考えていたものだったが、まさかここまでやってくれるとは。ちょっと気になったら二~三話は見ておくべきものなのかも知れない。

先の2ちゃんのスレでは「腐向け」の一言で切ってる人間が随分居たのに驚いたが、これで腐向けなら世間様は腐向けだらけで腐向け大帝国の支配下だろう。まあちょっと少女マンガっぽい絵を見ただけでそこで拒絶反応をする人が居るのは理解する。私が「なんだロボットアニメか。見ない。」と思うのと同じだろうから。人それぞれだ。

ただ、少しでも受け入れられる素地がある人には絶対にお薦めの作品だと思う。
ホント、アメリカに在住の友人にまで布教したからさ、私はw

|

« スクエニが仮想空間サービスを開始 | Start | ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第13話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 夏目友人帳・第13話:

« スクエニが仮想空間サービスを開始 | Start | ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第13話 »