« To LOVEる -とらぶる-・第26話 | Start | マクロスFRONTIER・第25話 »

乃木坂春香の秘密・第12話

自分のプレゼントが春香に相応しくないのではないかと悩む裕人。パーティー会場のジークフリートの間の前まで行ったものの気後れして入れない。ここは美夏が引っ張って裕人を会場の中に案内。

裕人の姿を認めた例のシュート・サザーランドはまたも裕人にちょっかい。またドヴォルザークの9番か。こいつのライトモチーフかよw シュート・サザーランドは裕人の春香へのプレゼントを取り上げて友人間でたらい回し。どこのガキだお前は。その途中で包装が破れてドジっ娘アキちゃんのフィギュアが床に。この時に箱が破損したのかな。箱が傷んだフィギュアは値段が下がっちゃうぞ。

すっかり嘲笑われた裕人はそのままパーティー会場を退出しようとするが、ここで裕人を思いとどまらせるのはあの釣り針を一緒に探した爺さんだ。出てきた出てきた。

爺さんの言葉で春香の気持ちに自信を持った裕人は壇上へ進む。玄冬、どこまで本気か分からないが裕人の手を握りつぶさんばかりの握手。ただ周囲の人間にはあの玄冬がわざわざ握手した相手と写ったのだから良かったじゃないか、裕人。そして春香へドジっ娘アキちゃんのフィギュアをプレゼント。ほら、当然春香は大喜びだ。これまた周囲の人間には春香があんなに喜ぶ贈り物とは一体なにかと思わせる。まあねえ、春香がそっちの趣味でなくとも大金持ちにロールスロイスをプレゼントしたって喜ばんだろうしね。

ところが収まりがつかないシュート・サザーランドはちょうど居合わせたパパンに泣きついて裕人を叩きだして貰おうとする。
参考資料:
息子の言葉を鵜呑みにしたサザーランドパパンだが、そこに期待通り爺さん登場。ただの爺さんではなく乃木坂王季と認めたサザーランドパパンが平身低頭。

パーティー後は春香と裕人は春香の部屋でしっぽりと・・・
参考資料:
って、ここでも期待を裏切らずに美夏をはじめとして葉月や那波があと少しの場面で扉を押し倒して侵入。

とどめは絶対来るだろうと思われた玄冬が刀を振りかざして乱入。実に王道と言うか予定調和と言うかあるべき姿で最終回。
参考資料:


乃木坂春香の秘密は第1話の設定ではどう言う方向に持って行くのだろうと、そう言う点に期待をしたのだが話が進んでみれば割合平凡だった。特に奇抜な事をする訳でなく無難な内容だった。それだけに最初の期待はやや裏切られた感じがする。

それを引き算すればまあまあの物だったかな。
できればどこかで変な事をして欲しかったね。

|

« To LOVEる -とらぶる-・第26話 | Start | マクロスFRONTIER・第25話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 乃木坂春香の秘密・第12話:

» 乃木坂春香の秘密 第12話(最終話) 「秘密です!」 [Shooting Stars☆]
自分は普通に満足です。普通に大満足な気持ちで終わりを迎えた 乃木坂春香の秘密 12話でしたけれども。 [mehr]

verlinkt am: 27. September 08 18:23

» 乃木坂春香の秘密第12話『秘密です!』の感想レビュー(最終回) [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
『そうだ…最初から不釣り合いだった。“天下の乃木坂家のお嬢様”と俺なんかじゃ…。でも、春香は。そうだ、“俺の知っている春香”は…ちょっぴりドジで、割と鈍感。絵が個性的で、かなり天然。そんな春香の秘密、それはアニメや漫画が大好きってコト。そしてそれは、俺と春香の“2人だけの秘密”。』 裕人くんが好きになったのは、“セレブなお嬢様”“学園のアイドル”などの肩書きではなく、“彼だけが知っている、乃木坂春香という女の子”そのものでした。 その事実を再確認した裕人くんは、無事に春香に誕生日プレゼントを渡すこ... [mehr]

verlinkt am: 27. September 08 18:48

« To LOVEる -とらぶる-・第26話 | Start | マクロスFRONTIER・第25話 »