« ロザリオとバンパイアからまたもでっかいクッションカバー登場 | Start | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~・第6話 »

RD 潜脳調査室・第19話

どうやら今回のノイズの原因はジェニー円ご執心の気象分子の影響の様だ。元の自然との不協和音がノイズとなってメタルにも影響したらしい。今回はそのアンバランスを自然側が調整して事が納まったが、この先にどうなるものやら。

ところで色々な作品や色々な場面で出てくるが「本来の自然」と言う概念はおかしいと思う。そんなものは存在しなくてその時々であるがままの状態が自然だと思う。ところが人間てのは傲慢なもので自分が勝手に思い描いている姿が「本来の自然」であってそこから少しの逸脱も許そうとしない。昨年までほんの何十年か広葉樹が繁茂していた場所があったとしたら、未来永劫そうでなくてはならない様な事を平気で言う。今の状態を変える物が太陽の黒点活動であろうと人類の生産活動であろうとそれによってもたらされた環境はその時の自然の筈だ。そう言う状態でこそ繁殖する生物はそれはそれで存在するのだし。

と、真っ向からウムランさんに対立してみたりしてw

ノイズの影響で動けなくなったホロンをソウタが付き添うと言う。意識があるったって、アンドロイドの意識なんだが、やっぱり人間の形をしているとかわいそうと言う観念が起きるものだ。

でもソウタの場合はふたりで残っていたづ(ry
参考資料:
参考資料:

ソウタがいたづ(ryをしたせいか、雨がやんできたせいか復活したホロンはソウタと供にミナモ達に追いつく。
参考資料:
あの道とも知れぬ道をどうやって追いつくのか分からんが、このミナモを助けた場面が妙に軽装だったので一瞬夢の場面かとも思ってしまった。

久しぶりにハルマリさんがダイブのお仕事。ハルマリの刺激によるものか、はたまた自然によるものかは分からないが、冒頭のとおり夾雑物であった気象分子との調整がとれてノイズが解消。

おまけに、立った!ハルマリさんが立った!
参考資料:

|

« ロザリオとバンパイアからまたもでっかいクッションカバー登場 | Start | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~・第6話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf RD 潜脳調査室・第19話:

» (アニメ感想) RD 潜脳調査室 第19話 「巡る雫」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
RD 潜脳調査室2 雨に包まれる密林でおこった電力低下現象。そのために外部のメタルとの接続を断ち切られ、ホロンは稼動不能となってしまう。電理研の久島との連絡も取れず救援を呼ぶこともままならない中、ソウタはホロンのためにその場に留まり、波留とミナモをパークレ....... [mehr]

verlinkt am: 14. August 08 16:20

» (アニメ感想) RD 潜脳調査室 第19話 「巡る雫」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
RD 潜脳調査室2 雨に包まれる密林でおこった電力低下現象。そのために外部のメタルとの接続を断ち切られ、ホロンは稼動不能となってしまう。電理研の久島との連絡も取れず救援を呼ぶこともままならない中、ソウタはホロンのためにその場に留まり、波留とミナモをパークレ....... [mehr]

verlinkt am: 14. August 08 16:22

» RD 潜脳調査室 第19話「巡る雫」 [シバッチの世間話]
RD 潜脳調査室 DVD 1「このままここに居ても、状況が変わる訳じゃない」 さりげなくホロンの体を起こすソウタ。 そして私は見逃さなかった。 ソウタの手がホロンのオッパイの下に入れられていた事を。 いや、オッパイデカいからそうやって持ち上げた方がやりやすい...... [mehr]

verlinkt am: 14. August 08 21:32

« ロザリオとバンパイアからまたもでっかいクッションカバー登場 | Start | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~・第6話 »