« 同人誌の媒体としてのmicroSDカード | Start | マクロスFRONTIER・第17話 »

乃木坂春香の秘密・第4話

この作品をどう捉えるべきなのか、過去3話ではペンディングしていたが、この第4話で決めた。ベタなアニヲタアニメなのだと。え?遅い?いや、だって事前情報無しで見て第1話はひょっとしたらお嬢様アニメなのかと思ったのだから。第2~3話がアレでもひょっとしたら戻ってくるのかもと。もう後戻りしないよね、ここから。

今回はメイド長の葉月の挙動が怪しいと言う事で、春香と裕人に加えて春香妹の美夏とメイド序列3位の那波が尾行中。

ここで春香が「超人気小説シャナちゃんのコスプレ」とか「うるさい、うるさい、うるさい」とか、いやもう、作品名を露骨に出しますかと言うネタを披露したかと思ったら
参考資料:

那波の方は「あそこに居るのは超人気美人声優の植田佳奈さんですぅ!」とか本人が叫んで、おまえ、目の前でしゃべっちゃ本人の声だと言うのがを絶対音感が優れたヤツにならバレるだろとか
参考資料:
べたべたな展開。

ここでもう後戻りはないだろうと確信した訳ですよ、はい。

ちなみに、信長、そこは「植田さんじゃないか」じゃなくて、「佳奈かな?」だ。


さて葉月はぬいぐるみを買って、その次はランジェリーショップへ。ここで裕人が耐えきれずに離脱。春香も裕人を追って一旦離脱。しかし、そのまま監視を続けている筈だった美夏と那波がバーゲンセールに絡め取られて試着に夢中に。
参考資料:

で。
結局葉月はどんな下着を買ったのですか?
報告が足りませんよ。

その後葉月が入ったビルでは裕人と春香が勘違いされてブライダル写真を撮られる。順調に距離を縮めとるじゃないか、お前ら。一方葉月は武器屋へ。武器屋で店主がお出迎えに出るほどのお得意様って、そうか、そうだよな、メイドたるもの武器は常備品だよな、普通のアニメではw


さて、ぱんつ見せ少女と二回目の遭遇。
1回目
参考資料:

2回目
参考資料:

3回目はきっとイチゴだな。

|

« 同人誌の媒体としてのmicroSDカード | Start | マクロスFRONTIER・第17話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 乃木坂春香の秘密・第4話:

» 乃木坂春香の秘密 第4話 「変じゃないでしょうか…?」 [Shooting Stars☆]
うるさい!うるさい!うるさい!シャナといったらやっぱりそれだよなぁ…能登さんのシャナも全然OK^^ 第4話感想( ゚Д゚)ノ [mehr]

verlinkt am: 02. August 08 00:18

« 同人誌の媒体としてのmicroSDカード | Start | マクロスFRONTIER・第17話 »