« マクロスFRONTIER・第21話 | Start | コードギアス 反逆のルルーシュR2・第21話 »

ストライクウィッチーズ・第9話

坂本少佐はもう二十歳。どこかの魔法少女と違ってキスをしなければ永遠の18歳と言う訳には行かないらしい。歳とともに魔法の力は衰える。坂本さん、あんたピークは過ぎたとか言ってるけど防御スクリーンの魔法が全く効かないんじゃピークを過ぎたとかの話じゃないんじゃ。

で、前回ミーナが坂本に銃を向けたのは、やはり前回防御スクリーンが効いていない坂本を見てもう空には飛ばしたくないと言う思いだった。でもどこを撃とうとしたんだ。

こんな坂本の状態の一方で芳佳は前回初戦果をあげ、模擬戦闘訓練でも坂本の動きを見よう見まねで会得したひねり技で後ろにつかれてもすぐさま逆に後ろをとるまでに腕を上げていた。
参考資料:
参考資料:
参考資料:
しかし、こう言う時こそ好事魔多し。

芳佳に坂本を取られた(と思っている)ペリーヌが芳佳に決闘を挑む。
参考資料:
ペリーヌのトレードマークがよく分かるポーズですw

決闘なのだからと模擬弾を許さないペリーヌ。仕方なく本物の銃を手にする芳佳だが誤って撃たない様に安全装置をロック。

と、坂本魔法力衰退 AND 芳佳初戦果 AND 芳佳飛行錬度UP AND 安全装置ロック などともの凄い勢いで坂本少佐死亡フラグが積み重なって行く。ただ、ストライクウィッチーズでこの時点で坂本を死なすかと言うとそこまではしない気がして重傷あたりかなと思ったら今回の最後はそうだったね。いやあのまま助からないとかもありえるから油断はできんが。

ペリーヌとの決闘中にネウロイが襲来。ここでここ最近の調子の良さが芳佳をしてひとりで勝手にネウロイ迎撃に向かわせる。今や坂本死亡フラグは最高潮。

ネウロイを見つけたものの、例の安全装置がロックされていた為に撃ちそこねた芳佳にネウロイが近づき、そのうちにウィッチーズの様な姿に変形。それにしても不用意だなあ。完全に敵から目をそらしてこれでよしとか言ってるものなあ。あのタイミングで撃墜されてもおかしくない。そして人間の形をとったネウロイにあっさり警戒心が弛む芳佳。警戒心どころかネウロイの無防備そうな飛び方に気持ちが引き込まれてしまっている芳佳。
参考資料:

だから必死になって追いついてきた坂本が撃とうとしてもネウロイを庇ってしまう。だがそれを許さない坂本がネウロイに攻撃をしかけると反撃を受けた坂本は防御スクリーンの魔法が全く効かずに直撃を受け撃墜。
参考資料:

本当にただ攻撃してくるだけの存在なのか、何か意図があるのか。
マクロスFのバジュラとその本質が明らかになるのはどっちが先だ。


ところでこのナースの格好は反則だよね。
参考資料:
参考資料:

それからペリーヌのイメージでの坂本姫を襲ってるこいつらは誰?w
参考資料:

|

« マクロスFRONTIER・第21話 | Start | コードギアス 反逆のルルーシュR2・第21話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ストライクウィッチーズ・第9話:

» [ストライクウィッチーズ 第9話] 虐げられる 15歳、 ペリーヌちゃん [biac の それさえもおそらくは幸せな日々#アニメ・コミック]
ようやくペリーヌちゃんの当番回。 アイキャッチもペリーヌちゃんだし。 ぺリーヌ・クロステルマン(Perrine H. Clostermann, CV: 真紅 日向マユキ ×玉 沢城みゆき )、 フランス 自由ガリア空軍中尉。 ストライカーユニットは、 Arsenal VG39。 アイキャッチでは、 囚われの坂本美緒姫を... [mehr]

verlinkt am: 02. September 08 02:17

« マクロスFRONTIER・第21話 | Start | コードギアス 反逆のルルーシュR2・第21話 »