« NHKが公共放送の使命を放棄した日 | Start | セキレイ・第6羽 »

我が家のお稲荷さま。・第18話

透、その年で初恋と別離をいっぺんに経験しちゃったのか。ちょっと気の毒だなあ。
参考資料:
参考資料:

槐は泥目を使って白鬼を捕獲しようとする。魂の無い泥目は白鬼によっても力を吸われる事もない。攻撃にも強い。とは言っても白鬼もこれだけの攻撃ができるんだな。
参考資料:

結局、力を使い果たす程の攻撃をかけても倒す事が出来なかった泥目はコウの放ったサカサエンによって倒される。
参考資料:
サカサエン、やっぱすげえな。

泥目は倒したものの力を使い果たした白鬼は泪羅によって封印されるしかなかった。せっかく言葉を交わせる様になったと言うのに、透には辛すぎる。

しかし泥目の様なものを送り込める者と言うとヤツしかいない。玉耀が空幻の為に三槌家の者を害そうとしたのだ。でも空幻はもう人間を恨んでなんかいないのだ。

それにしてもおまえら、なんで二人(二匹)同士の会話なのに女の子の姿でやってますか。
いや、その方が絵になるんだけどさw
参考資料:
参考資料:

|

« NHKが公共放送の使命を放棄した日 | Start | セキレイ・第6羽 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 我が家のお稲荷さま。・第18話:

» (アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第18話 「お稲荷さま。思い出をもらう」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻 逃げ出す透と百鬼の前に立ちはだかった槐。彼女は、百鬼を捕らえるための最終兵器を用意していた・・・。 [mehr]

verlinkt am: 08. August 08 00:53

» 我が家のお稲荷さま。 第18話「お稲荷さま。思い出をもらう」 [シバッチの世間話]
我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第弐巻シロちゃん、強い。 シロちゃん、華麗。 シロちゃん、か〜〜わいい〜〜。 その白い足に思わず見とれてしまいますな。 チラりと見える太もももたまりません。 うむ、やはりシロちゃんは白いのだよ(そのまんま...... [mehr]

verlinkt am: 08. August 08 09:30

« NHKが公共放送の使命を放棄した日 | Start | セキレイ・第6羽 »