« ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第8話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第8話 »

夏目友人帳・第8話

またちょっぴり切ない妖怪の話。

名前の分からない妖怪と言うが、この文字は「蛍」に見えたんだよね。
参考資料:
蛍なら光るのも合点が行くと言うものだ。

それにしてもかわいい妖怪は勘弁してくれと言ったのに、またですか。
参考資料:

お相手の杉野章史は蛍が見えなくなってしばらくは苦悶の日々を送ったみたいだが、今般伴侶に出会って結婚する事になったと言う。

おいおい。

実際の年齢はいくつなのか分からんが、見た目は結構行ってそうな気がする。そこまで独身を通したのなら生涯独身を貫けよ。別に一人で生きていくのなんて(健康なら)全然問題ないだろ。どうせ妖怪から見たら人の寿命なんて短いもんだ。それまで蛍に操を通せよ。

ところで蛍も貴志の上で寝たり起きろよーとか言ったりどこかのずぼら姉キャラみたいな面を見せるが、これをニャンコ先生に呑ませるってのもまたひどいだろw
参考資料:

|

« ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第8話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 夏目友人帳・第8話:

» (アニメ感想) 夏目友人帳 第8話 「儚い光」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
夏目友人帳 1 【完全生産限定盤】 ある沼に蛍を見にやって来た夏目とニャンコ先生。そこにいたのは、沼を見つめる男性と彼に寄り添うようにしている妖だった。その男性はかつて妖を見ることができたこと、ある日突然その目が妖を映さなくなったことを聞いた夏目。自分にも...... [mehr]

verlinkt am: 30. August 08 02:01

« ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~・第8話 | Start | 薬師寺涼子の怪奇事件簿・第8話 »