« セキレイ・第5羽 | Start | 乃木坂春香の秘密・第4話 »

同人誌の媒体としてのmicroSDカード

やじうまWatchの同人写真集を「microSDカード」に収めてコミケで売るサークルで知ったのだが、今やmicroSDカードにデータを入れて頒布しているサークルがあると言う。

そうか、microSDカードか。安くなったものなあ。私もFD、CD-Rとそこまでは同人マンガを頒布媒体にした事がある。FDの時はエヴァを、CD-Rの時はフルバとCCさくらを。エヴァの時代からマンガはCGで描いていたのでそう言う媒体とは相性が良かったのだ。ただ、やっぱり本にした方が量が出たのでそれっきりになっていた。確かに見る方も、当時のPC環境で言えばわざわざ起動して見るってのは本になっちゃったのよりは面倒だろうなとは思った。

ところが今やmicroSDなら携帯でも閲覧できるんだよね。そうか、携帯なら常時起動してるしなあ。そう言う手もあったか。それにmicroSDなら買う方も「見なくなったら消して記録媒体として使える」と考えてくれるだろうし。
#同人作家としては無茶苦茶後ろ向きな考え方だなw

ん?
ならば2GBのmicroSDカードを安く仕入れて(例えば700円未満とか)絵を入れて800円とかで頒布ってのはどうだ。「わー、2GBのmicroSDが800円だよ!」とか言って買って貰えまいか。

・・・
・・・・・
同人作家としての矜恃はどうした!w

|

« セキレイ・第5羽 | Start | 乃木坂春香の秘密・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 同人誌の媒体としてのmicroSDカード:

« セキレイ・第5羽 | Start | 乃木坂春香の秘密・第4話 »