« ブログで大学に迷惑をかける人 | Start | 日本にパンダは要りません »

RD 潜脳調査室・第4話

あれですね。
今回の話は妖艶なおねーちゃんの色香よりも現役女子中学生の方が欲望に勝ると言う事ですね、分かります。
(分かるのかよ!)
参考資料:

仮想世界が作られたら人間の欲望を満たす為に使われるのは火を見るよりも明らかで、またそれによってメタルが普及すると言うのはいつの時代のどんな技術でも共通するものだ。そもそも技術の発達の最大の力の根源は色欲と戦争なのは、人類の最古の職業が売春婦と兵士であると言われている事に通じる。

ま、それはおいといて、人工島と電理研の理解者であり援助者であった周恩ボブ氏がメタルの中で欲望の虜になってしまった為に統括部長の推薦で真理は救出に向かう事になる。

先日真理が救ったダイバーが実はその周恩氏を救出しようとして巻き込まれた人だったと言う事で、ミナモがその時の話を聞き取り調査に。たまたま上のフロアの人たちがそうだった。と言う事で矢尾キャラ再登場。そうだよね、矢尾キャラがあのほんのちょっとだけの筈無いよね。

でもそこで聞き取った情報が果たしてどれだけ役に立ったのやら。あの渦が曲者ってのは見て分かりそうだし、そもそも前回の事故の時に突っ込んで調査しなかったのかよと言いたい。またソウタが身体を張って花街で今回のプログラマーを捕まえたみたいだが、それだってなあ、そう言うプログラムを作りましたって程度の情報でしかない。結局ソウタとホロンの立ち回りを見せただけの様な気がする。

で、結局は女子中学生の威力が事件を解決した訳でw


さて、携帯で公式サイトに行くと色々出てくるRDのテクニカルタームの解説が見られるのだそうだ。と言う事で見に行ったのだが、一部の用語は金を払わんと見られないと言うのに萎えた。

それに今回の話の中で一番用語として用意されていなくちゃならん、ミナモがソウタに問うた「オーガスムって?」と言う用語の説明がないじゃないか!w
参考資料:

|

« ブログで大学に迷惑をかける人 | Start | 日本にパンダは要りません »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf RD 潜脳調査室・第4話:

» (アニメ感想) RD 潜脳調査室 第4話 「欲望の環礁」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
波留真理調査事務所に初めて訪れた人物は、諮問委員会のジェニー・円だった。久島の紹介を受けてやってきたジェニーは、波留にブレインダウンした人工島の株主を救って欲しいと伝える。ブレインダウンの原因究明と意識の救出という難解な依頼だったが、波留はこれを引き受け....... [mehr]

verlinkt am: 01. Mai 08 17:28

« ブログで大学に迷惑をかける人 | Start | 日本にパンダは要りません »