« 人間には二種類ある。モノを片付けられる人間と片付けられない人間だ。 | Start | 図書館戦争・第2話 »

紅・第3話

妙に会話が成り立つ紫にクソワロタw

環と「男」についてなんの話しとんのじゃ。
参考資料:

そうかと思えば学校に行って「球児/給仕」でこれまた会話が成立する紫。
参考資料:

裸の人形を見つける紫。
参考資料:

小学生と同棲している真九郎。ここの掛け合いがまた秀逸。
参考資料:


笑うだけの回かと思ったら、真九郎のごまかしが許せない紫の主張、きっと真九郎以上に私は心が苦しかったよ。だって真九郎はその気になればあいつら程度は片付けられるのだから。あとからおばあさんが出て来てくれたおかげで少しは報われた思いだが。
参考資料:


いやあ、紅、いいなあ、いいよ、いいよ。
4月期新作の中では圧倒的に一番だな。

|

« 人間には二種類ある。モノを片付けられる人間と片付けられない人間だ。 | Start | 図書館戦争・第2話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 紅・第3話:

» (アニメ感想) 紅 kure-nai 第3話 「偽者の顔」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
紅 1 真九郎が銀子から仕事の依頼を受けていたその頃、環に連れられて学校へとやってきてた紫。まるで遊園地や動物園に来たかのように、興味津々な表情で学校中を探索して回る。そしてしばらく歩き回っていると、紫の前に夕乃が通りかかる。互いに簡単な自己紹介を済ませ....... [mehr]

verlinkt am: 21. April 08 02:20

« 人間には二種類ある。モノを片付けられる人間と片付けられない人間だ。 | Start | 図書館戦争・第2話 »