« 図書館戦争・第2話 | Start | かのこん・第3話 »

マクロスFRONTIER・第3話

バジュラの攻撃にさらされそうになって待避壕に避難するアルトとランカとシェリル。シェリルさん、そんな事しなくても誰も見ていませんよ。視聴者以外。
参考資料:

閉鎖空間の待避壕の中は息苦しい。なんか、暑いわねえって、どんなお決まりのセリフですか、シェリルさん。
参考資料:

で、お決まりのハプニングですよ、シェリルさん。
参考資料:

場を和ませようと娘娘名物の鮪まんを差し出すランカ。
参考資料:
これって、今アルトが見たばかりの物と同じですか?w

と、とりあえず諍いは納まるものの、度重なる衝撃で空気の循環装置が停止。このままでは中で窒息死となってしまうが、脱出の努力をするシェリル。無謀に飛び出すつもりだったのか、はたまた別の算段だったのかでちょっと評価は分かれるが、きちんと努力する性格と言うのは第1話から筋が通っている。
参考資料:

今回のバジュラ騒動の接触者をチェックしていた大統領府首席補佐官のレオン。そして統合軍のキャシー。普通に真面目に仕事をしてるのかと思ったら、勤務時間が30秒すぎたらこれですかw
参考資料:
小林沙苗のこんな声を聞かされるとはマクロスやばすぎ。

と、まあなんだかぁゃιぃエピソードばかりの気もするが、それは一応脇に置いてここからアルトもランカも各々の道を歩む決心をする回だった。

ところでケーブルカータイプのこの車両ってよく分からんのだが、上り下りの2両しかないのか?
参考資料:
と言うのもこれより前の場面では下り車両が右側通行していたが、ここのシーンでは左側通行していたんだよね。

|

« 図書館戦争・第2話 | Start | かのこん・第3話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf マクロスFRONTIER・第3話:

» マクロスFRONTIER 第3話「オン・ユア・マークス」 [シバッチの世間話]
お姫さま抱っこキタ〜〜。 ああっ、俺も一度でいいからあんな風にちっこい女の子をお姫さま抱っこしてみたいぜ(ロリコン) っていうか、ランカは乙女の夢を叶えているな。 王子さまじゃなく王女さまに抱っこされている感じだが(笑) そしてシェリルのパンツは見...... [mehr]

verlinkt am: 19. April 08 16:37

« 図書館戦争・第2話 | Start | かのこん・第3話 »