« CLANNAD・第22話 | Start | 灼眼のシャナII・第23話 »

ロザリオとバンパイア・第12話

公安委員会の悪事をあばく活動に出る新聞部。証拠の写真集めは順調に進む。それにしてもあれだけ大規模に行われていたら、こんな狭い学校社会じゃ既に周知の事実なんじゃないのか。

ところで、この水泳部の場面。
参考資料:
この直後に
参考資料:
と言う風に上納金を納めてるのだが、一体どこにそんな札束をしまっていたんだ?w

証拠の写真が集まり、あとは証言を集めるだけまでになったが、ここで公安委員会が先手を打ってくる。

月音が実は人間なのではないか、と言う点を突いてくるのだ。いや、実際、人間なんだけど。これはうまい所を突いてきた。流石、池田秀一の率いる組織は違うなw 何しろ陽海学園に人間が居てはいけないのだ。人間と発覚した時点で有無を言わさず摘発対象。抗弁のしようがない。おまけに新聞部の部員の面前で月音に自白させる事で、萌香だけが秘密を共有していたと自覚させ内部分裂を起こさせる。完璧じゃないか。
参考資料:

月音にはかせる時に、月音本人を痛めつけずに萌香をいたぶる手法も普段から悪役を極めている池田キャラならではだ。
参考資料:
参考資料:

それにしても月音が人間だと証言する奴らって誰よと思ったら、ああ、まあ確かに今迄交戦して来た連中は月音が弱いとか何があっても変化しないとかそう言うのは見てるわな。こうなってくるといくら校則があってもちょっと何かあるとやすやすとそれを破って変化していたと言うのが矛盾点よりも伏線になって来るから不思議だw

学内世論も今のところ人間の吊し上げに圧倒的に肯定的だ。ルール上も人間の処分が妥当だとしたら、あとは何かをきっかけにした学内世論の流れを変えると言う展開しかないだろう。

で、ここで浮上するのがバスの運転手=理事長?の線。猫目先生が理事長に呼ばれたのが何か訳あり。


今回の「またみてね」
参考資料:
本編ではぱんつまるみえのくせに、ここでは隠すとは何事か。

|

« CLANNAD・第22話 | Start | 灼眼のシャナII・第23話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ロザリオとバンパイア・第12話:

» (アニメ感想) ロザリオとバンパイア 第12話 「公安委員会とバンパイア」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ロザリオとバンパイア 1 上納金を強要したり暴力を振るったりと、やりたい放題の公安委員会!月音達は彼らの悪事を暴くべく調査に乗り出すが、生徒達の協力を得られないでいた。そんなある日、公安委員会のトップ・九曜が乗り込んでくる。九曜は「人間の疑いがある」と月....... [mehr]

verlinkt am: 22. März 08 09:12

« CLANNAD・第22話 | Start | 灼眼のシャナII・第23話 »