« H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~・第12話 | Start | AYAKASHI・第12話・最終回 »

アニメは動画サイトの優等生となりえるか

今迄は、とかく「アニメ」「動画サイト(あえて共有とは書かない)」と言う組み合わせを見ると違法コンテンツのuploadと言う話題ばかりが目立っていた。確かに国内ストリームサイトを中心にしてアニメのストリームを行ってはいたが有料だったり過去の作品だったり新しい作品でも地上波に一週間以上遅れたりと、自分が利用する立場にちょっとはなってみろよこんなんじゃ動画共有サイトで違法upload動画見た方がマシ、アフォじゃねえの?と言うものばかりだった。違法upload動画をuploadするのも見るのもけしからん、正規のものだけ見ろ、と言うのは簡単だが、目的地まで行くのに正規に用意された道路が遠回りで狭くて穴だらけで場所によっては辿り着けもしない一方で、抜け道の方が広くて近道でどこからでも使える状態だったら、正規の道路だけ走れ抜け道使うなと言ってるのと同じで、抜け道を走る車が増えても仕方あるまい。抜け道を走らせたくなかったら、それよりも良い道を作るのが効果的だ。

そんな自明の事が遅々として行われていなかったが、ここに来て漸くきちんとした正規の道が作られつつある。

GONZO新作アニメ、YouTubeで海外向け無料配信 「ファンサブ」阻止狙い(ITmedia)

ファンサブの力は凄い。U局深夜アニメは幹事局が一番最初に放送し、他の地域U局はそこから遅れてバラバラと放送される。従って自分の視聴可能U局が幹事局ではない場合は一番最初に放送されてから見られるのは何日か遅れになる。ところがファンサブの動画は幹事局で放送された翌日あたりには早々と字幕付きで動画共有サイトにuploadされるのだ。日本での幹事局以外の地上波より早い。ファンサブは動画共有のインフラが整ったのもさる事ながら、コンテンツ提供側が今迄のDVD販売の旧習に囚われてもたもたしていたのも強力な後押しになって大変な勢いで広まった。謂わばコンテンツホルダーが自分で自分のクビを締めた様なものだ。

したがってGONZOが遅ればせながらきちんとした動画配信を海外向けに行う事は正しい戦略だ。これが成功したならば制作側は再び自分たちの作品をコントロールする事ができ、加えて動画サイトに優秀なコンテンツを提供する事で動画サイト側にもメリットがある。

またGONZOはこれらを国内向けではGyaOで流す。国内のストリームサイトでその時期の新作アニメが流されるのは以前からあったが、今回が違うのは地上波とほぼ同時配信である点だ。ドルアーガの塔は第一話は地上波最速のtvkと同時。第二話以降でも11時間遅れなだけでほぼ同日。

私は以前から、ネットでストリーミングするにしても地上波よりも一週間も遅れて流すのでは動画共有サイトにuploadされるものに全く敵わないと言ってきたが、やっとそれを克服する物が出て来た。ある意味、やっとストリームサイトに意義が出てきたとも言える。

この流れは別にもあり、

日テレ、アニメ続々ネットに配信・放送翌日に(日経IT Pro)

RD潜脳調査室を放送翌日にGyaOで流すそうだ。翌日の配信開始は地上波の視聴を押し上げる事すらあれ、落とす事はあるまい。地上波で見る気のある層は最初から地上波でリアル乃至は録画して見る。そうでない層はたまたまネットで見て地上波に流入する可能性がある。テレビ放送と違ってネットは気がついた時に見る事が出来るのだから間口が広い。テレビ局もやっとその事に気づいた様だ。

これがうまく回転しはじめたならば、制作側は作品を知って貰う間口が広がり、動画サイト側は優秀なコンテンツが安定的にしかも合法的に供給される事になる。特にアニメに関してはネットでの視聴について閾が低いので地上波ネット同時配信は大きな需要が見込まれる。

こうなった場合、アニメは動画サイトにおいて視聴者を集める優等生となる。これはストリームサイトだろうと共有サイトだろうとその枠組みとは関係無しにコンテンツ提供側と契約を結べた所の勝ちだ。

地上波同時配信ではないが、ニコニコ動画に対してはコンテンツホルダーが地上波U局並みの価値を見いだし始めた。何しろ潜在的なアニメ市場となりうる人口を数百万人も抱えているのだ。首都圏トライアングルのU局地域を全部合わせてもそれだけのアニメ視聴者人口は居ない。となれば見方によってはニコニコ動画一カ所で流すだけでU局深夜アニメで流す効果が得られる可能性があるのだ。

GyaOもニコニコ動画も優等生を迎え入れようとしている。これで集客と収益基盤の確立が図れるとするならば、それに取り残されるそれ以外の動画サイトは駆逐される段階に来たと言えよう。三週間前にはStage6が著作権の問題とコストの問題を解決出来ずに相応の集客力があったのに閉鎖に追い詰められた。今年は集客・収益基盤を準備できるサイト、それが出来ないサイトによって動画サイトが整理再編される年となるのではないか。

そしてそれを握るアニメは「優等生」になるかもしれない。

|

« H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~・第12話 | Start | AYAKASHI・第12話・最終回 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf アニメは動画サイトの優等生となりえるか:

» rd潜脳調査室 「ウラシマドライブ」 [落ち着く]
新アニメ「RD潜脳調査室」がGyaOと最近アニメのネット公式垂れ流し多いですね 日本テレビ放送網株式会社(日本テレビ)は、4月8日深夜から放送するテレビアニメ「RD潜脳調査室」のマルチ... [mehr]

verlinkt am: 09. April 08 22:52

« H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~・第12話 | Start | AYAKASHI・第12話・最終回 »