« ARIA The ORIGINATION・第6話 | Start | 季節風がいきなり頑張りすぎる件について »

バンブーブレード・第19話

石田先生がタマちゃんに同世代の女の子で同格以上の相手に戦わせたかったと言った場面で、タマちゃん、
「どう言うことですか?」
参考資料:

この台詞は違和感があったんだよね。
なんだか石田先生を責めてるみたいで。

でもまあ病院で町戸高校の石橋先生に会って今度は帰り道に送って貰う時に、負けて分かるものがあると正面から言われるシーンがあるのでその線上の話で本当にタマちゃんは何を言われたのか分からない疑問だったのかと解釈すればいいのかなと思った。でもなあ、それならそれで石橋先生の場面では「え?」と喋らせてきょとんとさせた方がかえって多くを語ると思うのだが。

さてタマちゃんはこの話の最終回までにその負けて分かる事で成長する事になるのか分からないが、室江高校の女子剣道部では他にも成長が期待される子がいる。みやみやだ。

ボロボロになった竹刀の代わりを買いにでかけた先で出くわすアメリカ人。
参考資料:

どうでもいいけどアニメに出てくるアメリカ人の女の子ってなんでまたこう言う服装でこう言うないすばでぃになるんだ。

栄花を奪い合う過程で勝負する事になった。勝負の結果はキャリーの勝ち。
この悔しさをバネにみやみやは聡莉からちゃんとしたアドバイスを貰う気になった様だ。
参考資料:

みやみやが誰かに勝てる日は最終回までにある様な気がするが、いつ誰にだろう。


 
 


 


タマちゃんにだったりしてw
いや、これならみやみやが勝つイベントとタマちゃんが負けるイベントを一気に消化できるじゃん。

|

« ARIA The ORIGINATION・第6話 | Start | 季節風がいきなり頑張りすぎる件について »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf バンブーブレード・第19話:

« ARIA The ORIGINATION・第6話 | Start | 季節風がいきなり頑張りすぎる件について »