« 次世代DVDは買ったら負けだなと思っている | Start | CLANNAD・第13話 »

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第14話

結局前回の事件でジンとギオはそれなりのダメージを受けてトアを助けに火星に行くどころではなくなったんだね。犠牲者が大量に出た(あまり画面上では表現されなかったが、破壊された市街地を見れば犠牲が多かったのは明らか)オストルムの事件に対してISDAはタナトスに「報復」を決め、Dプロジェクトの決行を急ぐ。

この機にライナはジンをISDAに誘うが、その背景には嘗てライナがジンの父親によってISDAに導かれた過去があるのか。狭い世界だ。

また、アキラに対してはジークリンデがISDAへの復帰を促すが、アキラの方がジンよりもISDAからの分離志向が強くなってる。で、結局戻らない訳だが、アキラを説得しようとするジークリンデ、いつのまにか随分と育っちゃった様な気がするのは私だけだろうかw
参考資料:
参考資料:
おや、ぱんつはいてない。
参考資料:
参考資料:
ごりっぱですね、ジークリンデさん。

ところがみんながそれなりに前向きの行動をしようとしている所へ乱入して来るのがカズキ。ウィドーを操っているがカズキっていつのまにウィドーとレゾナンスしたんだ。ウィドーが登場した時だったっけ。
このウィドーのドラゴン化した姿だが、なんかちょっと艶めかしいw
参考資料:

それはさておきカズキの空気嫁無い恩讐に凝り固まった攻撃で、タナトス攻撃機の離陸が危機に。こちらはマキナが全力で救うが、この乱戦の中でカズキはジンの一撃を受けて脂肪(かな?しぶとそうだけど)。もうこれは自業自得だろ。


EDが福井裕佳梨から小林ゆうに変わった。これでゴスロリ少女探偵団の黒ロリ・白ロリ・赤ロリが三人ともコナミアニメでEDを歌った事になった。そうか、SaintOctoberってそんな重要なアニメだったんだ。

|

« 次世代DVDは買ったら負けだなと思っている | Start | CLANNAD・第13話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第14話:

» (アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第14話 「朋友 ―違えし未来―」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
DVD ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 地球圏で立て続けに起きたドラゴンによる騒動に、世間から厳しい追及を受けるISDA。壊滅の危機を退けたものの、休む間もなくDプロジェクトの準備を急ぎ進める事になるドラゴノーツ達。大打撃を被ったドラゴノーツ基地は、そ....... [mehr]

verlinkt am: 11. Januar 08 13:42

« 次世代DVDは買ったら負けだなと思っている | Start | CLANNAD・第13話 »