« プリズム・アーク・第11話 | Start | 薬害肝炎訴訟団を見る »

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第12話

新たにやって来た4体目のドラゴン強し。だが、姿を消して町の中に消えてしまった様なので、住民を避難させて残ったところから探し出す方法へ。随分とまたISDAも思い切った事を。それだけ脅威なのか。
参考資料:
モブを描くのが面倒で手抜きした訳ではありませんw

と思ったら相手から勝手に出て来た。なんか、住民避難って展開に話上で全然意味が無い気もする。オストルム相手に苦戦するリンドブルム・ユニットを見かねてそこから離脱した筈のアキラが救援に向かう。
参考資料:
あれ?
このスーツって着替えるんじゃなかった?
持ち出したと言うのか?

オストルムの炎に対してマキナの水の攻撃。
これぞ、「焼け石に水」・・・って、それじゃだめだろ、アキラw
参考資料:


アキラ達が行ってしまった後にジンの所にやって来たのはヨナミネ・コウ。タルタロスの鍵を持って。
参考資料:
ちょ、おまw、どうやってジンを発見したんだよw

そこら辺はおいといて、ヨナミネの手引きでジンはタルタロスへ。あんな近い島なのか。
そして「あなたのココロ、アンロック」であります。
参考資料:
なんだかジンとそれからジンをいきなり殴ってきたカズキに「やりたい様に、やればいいじゃん」って言う歌が聞こえるw

一方、ISDAでは4番目のドラゴン・オストルムが侵入してくる。そういや何で4番目なんだ。と思ったら実はノザキが1番目だった様だ。ノザキが2番目のドラゴンを解き放とうとした事で茫然自失のキタジマ。あんた自分の研究成果の事しか考えとらんのか。
参考資料:

|

« プリズム・アーク・第11話 | Start | 薬害肝炎訴訟団を見る »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第12話:

» (アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第12話 「強襲 ―灼熱の使者― 」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
DVD ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 タナトスからの新たな使者の到来に出動するドラゴノーツ達。だがそれは、ドラゴノーツ達の目の前で、忽然と姿を消してしまう。不安とパニックに見舞われる新小笠原全土。全島を封鎖し、ドラゴノーツによる必死の捜索活動が開始さ...... [mehr]

verlinkt am: 20. Dezember 07 23:42

« プリズム・アーク・第11話 | Start | 薬害肝炎訴訟団を見る »