« blogeyeでアニメ作品について書いたブログオーナーの性別・年齢層・居住地を分析 | Start | スカイガールズ・第24話 »

CLANNAD・第11話

お笑いことみ劇場へようこそ

なんでやねん
参考資料:
これって「素振り」だったのかw

さて話のメインはことみ編らしいのだが、その一方でもう一人スポットライトの当たっているキャラが。
参考資料:
演劇部の部室に何故か魔法少女向けのステッキがあったものだから朋也が杏の魔法少女への変身シーンを妄想。やっぱ変身シーンは裸ですか?

で、この杏なのだが表向きの行動は椋の朋也への想いを応援。ところが微妙にそうじゃなさそうな雰囲気も醸し出している。ことみと朋也を引き離したと言うが、結果的には朋也とふたりっきりになるし。
参考資料:

バス待ちの場面では、言葉上は椋の為に朋也の気持ちを確認している様だが、そうじゃないとらえ方も出来るし。
参考資料:

この先どう転んでも構わない演出だ。
「本当は私の方が先に朋也の事を好きだったのに、椋が好きな事を知っちゃったから・・」とか言ってそれまでの行為を裏切るなんてオチもありだ。よくあるパターンだw

さて、殺人バイオリンコンサートも無事終え(聴衆の方は無事じゃなかったみたいだが)、帰途につくことみ達に謎のコート男が。
参考資料:

朋也よりでかいし、何よりことみの脅え方が尋常ではない。
参考資料:

こいつがいじめっ子?

|

« blogeyeでアニメ作品について書いたブログオーナーの性別・年齢層・居住地を分析 | Start | スカイガールズ・第24話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf CLANNAD・第11話:

» (アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CLANNAD 2 (初回限定版) ヴァイオリンを片時も放そうとしないことみ。しかし、彼女の奏でる殺人的な音色に朋也達は苦しめられていた。そんな中、杏はことみのためにヴァイオリンの発表会を開くことを提案する・・・。... [mehr]

verlinkt am: 15. Dezember 07 00:18

« blogeyeでアニメ作品について書いたブログオーナーの性別・年齢層・居住地を分析 | Start | スカイガールズ・第24話 »