« 早くも反米ガンダムに洗脳された者が | Start | みなみけ・第8話 »

プリズム・アーク・第8話

一時期の絵の低迷が嘘の様にぱんつアニメとして復活したプリズム・アーク。
参考資料:
参考資料:

まずは冒頭の前回の戦闘の説明をするブリジット。なんとなく口ぶりがヴィントラント王国に同情的になって来てる。それにしてもこのけしからん濡れそぼり方はなんだw
参考資料:

そうは言ってもヴィントラント王国の王位継承者抹殺の使命は忘れていない様だ。
参考資料:

さて、今週のしゅごキャラ!の名塚キャラの様な信じられない勘違いで勝手にハヤウェイに取り返しのつかない事をしてしまったと思い込み自分を見失って彷徨うプリーシア。盛り場でいかにもなちんぴらに絡まれたのを助けたのは不思議な女性テレサ。

気持ちに迷いがある時はこんな人に拾って貰ってしかも子供達とふれあうってのが定番の癒しコースと言うか悟りコースなのだが、どうもテレサは何か秘密があるらしい。十字架を厭い、回想シーンで出て来た培養庫と言い、素直に受け止めると大きな謎を背負っているぽいのだが、果たしてどうなるのか。

泥に触れ合うプリーシアw
参考資料:


それからキザーロフ校長にあなたはと称される女性も登場。
中の人からEDクレジットで名前を探すとエコーと言う名前。
王室関係者かね?

|

« 早くも反米ガンダムに洗脳された者が | Start | みなみけ・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf プリズム・アーク・第8話:

« 早くも反米ガンダムに洗脳された者が | Start | みなみけ・第8話 »