« D.C.II ~ダ・カーポII~・第9話 | Start | げんしけん2・第8話 »

グッドスマイルカンパニーに初音ミク特需

昨日フィギュア注意報の方に書いたのだが、ITmediaの記事にまでなってしまった。

初音ミクフィギュアに予約殺到 2日で1万突破の「異常なペース」

フィギュア注意報の方はフィギュアに興味のある人が来る(と思っている)ので何の説明も無しに「ねんどろいど初音ミクがAmazon予約開始僅か1日半で早くも1万突破」と書いたが、ここのブログは必ずしもそうではないのでちょっとだけ説明を。

ねんどろいどはグッドスマイルカンパニーが出しているデフォルメキャラのフィギュアで(こう言う説明でいいんだろうか?w)これまでにもFateやハルヒでいくつも出しており、長門有希の時は秋葉原の店頭販売は瞬殺だったりしてキャラによっては非常に人気が高い。

そしてフィギュアと言うのは過去にアキバBlogでグッドスマイルカンパニーの人が書いた記事によれば「製造数は当社取り扱いの商材の一般的なもので国内投入が4000個前後。人気商品で10000個。まれに爆発的に売れて数万個。」と言うのだから2日で1万個の予約を突破したと言うのは本当に異常なペースなのだ。しかもこれはAmazonからの予約数であって、フィギュアをネットで買う人ならおなじみのあみあみではAmazonに匹敵しないまでも1000のオーダーでの予約は入っているのではなかろうか。他にもネット通販のフィギュアショップはある訳で、その他にもアキバのフィギュアショップ(キャラシティやソフマップとか)経由での予約などを入れたら一次出荷分に対する予約数は一体何万になるのか想像がつかない。

一方で懸念すべき点もある。

勿論素直に考えた場合は過去に例を見ないこれだけの予約数を満たすだけの生産量がグッドスマイルカンパニーにあるのか、ひょっとしたら大量のショート(予約数だけ納品できない)を出すのではないかと言うのもあるが、それよりももっと深刻な事態が懸念されるのはこれだけの予約数に応えようとグッドスマイルカンパニーが大増産をした挙げ句予約キャンセルが膨大な数になってメーカーも流通側もとんでもない不良在庫を抱える事になった場合だ。

何と言ってもフィギュアのメーカーは極めて経営基盤が脆弱なのだ。それが大量キャンセルでグッドスマイルカンパニーの経営基盤を揺るがした場合、最悪潰れた場合(そこまでは行かないと思うが)、今後のグッドスマイルカンパニーの商品展開が絶たれたら、それは非常に悲しい出来事だ。何しろグッドスマイルカンパニーはフィギュア業界の中でもトップクラスの良いフィギュアを出してくるメーカーなのでそこのフィギュアが(消えないまでも)供給がしぼむのはゆゆしき自体なのだ。

だから、

おまいら絶対予約キャンセルするなよ!

<11月28日昼追記>
このニュースを見てどうやらキャンセルしている人たちがいるらしい。
初音ミク1万体に絶望する人たち(美少女フィギュア情報ブログ ameblo.jp)
転売ヤーぶちぎれ

|

« D.C.II ~ダ・カーポII~・第9話 | Start | げんしけん2・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf グッドスマイルカンパニーに初音ミク特需:

« D.C.II ~ダ・カーポII~・第9話 | Start | げんしけん2・第8話 »