« キミキス pure rouge・第1話 | Start | ナイトウィザード・第2話 »

作品の独自性と言うもの

今期の新作アニメはどいつもこいつもカタカナだけのタイトルをつけやがりまして、「プリズム・アーク」だの「レンタルマギカ」だの「バンブーブレード」だの「ナイトウィザード」だの独自性が無いったらありませんよ。

おかげでこっちは話をする時に、
「ほら、あれ、秋葉原が舞台の・・えーと、ナイトブレードだったっけ?」
とか訳の分からんタイトルを言う羽目になる。

漢字と違ってカタカナは表意文字じゃないから第一印象に残らないんだよね。

こんなタイトルにでもすれば良かったのに。

バンブーブレード
→ケンコー全裸系女子剣道部ムロコー

ナイトウィザード
→アキバ系魔法大戦 Yesかハイか

レンタルマギカ
→シャチョー・ギアス 貸し出しの魔法使い

プリズム・アーク
→ヴィントラント王国の興亡
(つか、第1話じゃどんな話になるのか分からんよ)

|

« キミキス pure rouge・第1話 | Start | ナイトウィザード・第2話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 作品の独自性と言うもの:

« キミキス pure rouge・第1話 | Start | ナイトウィザード・第2話 »