« プリズム・アーク・第3話 | Start | 東京都の施設での成人向け同人誌即売会に規制 »

みなみけ・第3話

おー、球蹴り番長、まだ夏奈に固執していたのか。

テストの点を確認しあう夏奈とケイコ。夏奈、中学で60点台は駄目だろ。つか、赤点を覚悟するなよ中学で。そこへ割り込んできたのは一度夏奈に手紙を送ったのに誤解された藤岡。藤岡、まともそうなヤツなのにそんなに夏奈が良いのか。恋愛生活に刺激でも求めているのかお前は。微妙に勝っている藤岡に妙な闘争心を抱いた夏奈はこの後の点数の勝負で負けた方がペット犬になると勝手に決める。その上で勝利を確実にしようと点数の改竄を行うのだが何故かことごとく敗北。その間にもケイコは100点を積み重ねるのだが、ケイコはケイコでよくもまあミスをせんもんだな。

完敗の夏奈は犬になる筈だったが、
参考資料:
それ、お手じゃないし、手が脚なら足も脚って、意味通ってないし。
まあ、藤岡は期待通りの刺激的な生活を送れたのからいいんじゃないの?w

さてひらめきで生きている女夏奈、家では千秋にそのひらめき具合を料理の腕で示そうとするのだが、その結果がこれ。
参考資料:
一体どんな作り方したらこうなるんだよ。見た目はまともそうなのに。

帰ってきた春香がこれを見て食べてみようとするが、春香まで犠牲者にしてはいかんと夏奈も千秋もそそくさと片付けに入ってクリームシチューを作ってもらう。
とっても美味しいらしい。

高校生で料理が上手くてなんて素敵なお嬢さんなんでしょう(;´Д`)
参考資料:
参考資料:

飽くなき夏奈の料理への挑戦はカレー作りにも。加減と言うのを知らない夏奈は完成品にこぎ着けるまで行き当たりばったりに水とルーを交互に足していったものだから大量のカレーが出来上がり。

懐柔の為に家に呼び込んだ藤岡がご相伴にあずかる事になって3姉妹と仲良く夕食。藤岡、なにげにすげーいい目にあってるじゃないか。春香は藤岡がお父さんに似ていると気に入ったみたいだが、それを聞いた千秋が一気になつく。とってもすげーいい目にあってる藤岡。もう昇天していいよw
参考資料:

それにしてもこれを見ると千秋は父親の記憶がほとんどないんだな。

|

« プリズム・アーク・第3話 | Start | 東京都の施設での成人向け同人誌即売会に規制 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf みなみけ・第3話:

« プリズム・アーク・第3話 | Start | 東京都の施設での成人向け同人誌即売会に規制 »