« ぽてまよ・第12話 | Start | さよなら絶望先生・第12話 »

魔法少女リリカルなのはStrikerS・第25話

なのはStrikerSのシリーズ中で一番見応えがあった。

そうか、クアットロを殺るのをこの方法でもって来たか。魔砲少女なのはさんの面目躍如ですな。ホント、このシリーズでは破壊神の威力が全然発揮されていなくてもの凄く物足りなかったのが、やっとここでなのはさんの力を見る事が出来た。第1話がちゃんと伏線になっていたのか。

居場所をつきとめられたものの、こんな所まで来られる訳が・・・と思ったら、あの凄まじいぶち抜きを思い出して顔面蒼白となるクアットロ。
参考資料:

クアットロ、あのシーンを知っていたんだ。余程有名なんだなw

そしてここで横綱なのはさんの土俵入り。
参考資料:
参考資料:

なのはさんにかかればこんなものぶち抜きですよ。
参考資料:

これでヴィヴィオは心を取り戻したものの、身体の制御は握られたまま。ゆりかごのシステムは聖王の器たるヴィヴィオが戦意を喪失した事で、自動防御モードに入る。
参考資料:

ゆりかごのシステムはドイツ語だね。
聖王陛下はカイザーかよ。

ヴィヴィオを解放するのに「全力全開SLB!」をぶち込むんだが、なんと言うショック療法。

ヴィヴィオね、血の繋がった親が居ない事を嘆くけれどもそんな事はないと思うぞ。逆に血は繋がっていなくともちゃんと育ててくれた親の方が真の意味での親だ。私はそっちの方が人としての想いとして正しいと思う。


さて、次回最終回でゆりかごの中に取り残されたなのは&フェイトをスバル&ティアナが救出に向かうと言う、なのは新世代キャラにも見せ場を持たせるフィナーレ。こうやって考えると、光をあてなくてはならないキャラが多すぎたのがこのシリーズの苦しみ所だった様な気もする。

|

« ぽてまよ・第12話 | Start | さよなら絶望先生・第12話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第25話:

» (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファイナル・リミット」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アニメディア 2007年 10月号 [雑誌] 玉座の間についた、なのはを待ち構えていたのは、クアットロに精神を支配されたヴィヴィオだった。それは、救うべき魂・・・だが! 今、なのはとヴィヴィオの悲しき戦いが始まった・・・。... [mehr]

verlinkt am: 23. September 07 04:12

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファイナル・リミット」 [慧の裏の裏日記~それって、表じゃねぇ?~]
なんか今回は作画が良かった!ラスト2話だしなぁ。 にしても、今回はなのはさんの強さを再認識させられる [mehr]

verlinkt am: 23. September 07 11:00

« ぽてまよ・第12話 | Start | さよなら絶望先生・第12話 »