« ながされて藍蘭島・第25話 | Start | 桃華月憚・第25話 »

ドージンワーク・第12話

期待通りなじみの同人誌は初日はなじみ本人と星君本人の買った2冊だけの売り上げ。このままずっと売れ残りそうな勢いだったが、かねるが買い、そしてそれを見てかジャスティスが買ったのが呼び水となって完売。

初日に変装までして買ったなじみだが、レジにてバレる。
参考資料:
そりゃそうか、下でバイトしてるんだものな。

これでデザイナーズマンションを買って、運転手付きのロールスロイスへの夢が広がる。
参考資料:
どんだけ儲かるマンガ家だよ、それ。
つか、このマンション、黒川紀章のメタボリック建築かよ!w

約束通りプロデビューさせようとする星龍一郎。だが、なじみから受け取った原稿を見て
参考資料:
生命線が縮む星龍一郎w

でもこんなのを見せられてこの後は何がなんでもなじみをプロにしようとするのだから、分からん。なじみは契約したら同人活動は控えてねの一言で気持ちが揺らぎ、やはりまだ同人を続けようと契約書の破棄を求めるのだった。

そりゃあそうかもしれない。
なじみはまだ同人を初めてわずかしか経っていない。そんな短期間にあれだけのイイ思い出をしたのだし、どんな事を言われようと絵がちゃんと成長している真っ最中なのだから同人をやめられないだろう。それに今の時代、プロにならなければならない理由は必ずしもないのだから。

なんか、ドージンワークのくせに綺麗にまとめて終わりやがって、このやろう。

今期、最も低予算で作られたのではないかと言われるドージンワークだが、まあ確かに作画も動画もチープさが漂う出来栄えで話も月並みと言えば月並みだったが、なぜだか憎めない作品だった。きっと舞台探訪をしたのが影響しているのだろう。

Bパートのどうなる事やらと思われた実写パートも斎藤桃子の楽しいキャラで同人誌制作も結構見られた。

最後に、8月26日のドージンワーク舞台探訪で撮影に失敗した西武池袋線・石神井公園の踏切だが先日の日曜日に再挑戦をして録画してきたのでここに置いて起きますね。アニメと同じ3000系が下り線を走るまで粘りましたよ。暑い最中w

|

« ながされて藍蘭島・第25話 | Start | 桃華月憚・第25話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ドージンワーク・第12話:

» (アニメ感想) ドージンワーク 第12話 「まだまだやりたい、もっとしたい」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ドージンワーク 第1巻【通常版】 純一郎が兄と取り付けてきた「百冊完売をクリアすればプロデビュー」という条件を聞かされたなじみは、不安になりつつも、その経過を同人誌ショップに確認しに行くことに。喜ばしいことなのに、今ひとつ手放しで喜べないなじみは、仲間た....... [mehr]

verlinkt am: 22. September 07 00:29

» レビュー・評価:ドージンワーク/第12刷「まだまだやりたい、もっとしたい」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 31 / 萌え評価 6 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 6 / お色気評価 25 / 総合評価 13レビュー数 16 件 純一郎が兄と取り付けてきた「百冊完売をクリアすればプロデビュー」という条件を 聞かされたなじみは、不安になりつつも、その経過を同人誌ショップに確認しに行くことに。 喜ばしいことなのに、今ひとつ手放しで喜べないなじみは、仲間たちに 「なぜ同人活動をやっているのか」を聞く。 そして数日後、なんとか完売することに成... [mehr]

verlinkt am: 23. September 07 12:51

« ながされて藍蘭島・第25話 | Start | 桃華月憚・第25話 »