« さよなら絶望先生・第8話 | Start | ドージンワーク・舞台探訪 »

アイドルマスター XENOGLOSSIA・第21話

主人公が引きこもっちゃって出てこないものだからどうにもなりません。
でも組織としてはモンデンキントで動きがあって、例の朔響が暗躍した挙げ句モンデンキントJPは解散。でもジョセフ・真月の方も動いていたから大人しく解散になるのかどうか。

トゥリアビータの方も各人が各目論見で動いているのでイマイチ一枚岩じゃない。真にはしっくり来ない気持ちがあるし、雪歩の想いは千早には届かないし、千早はOPさながらに淫ベルに(;´Д`)ハァハァしてるしw
参考資料:

モンデンキントからトゥリアビータが分離する時の回想が千早によってされるが、モンデンキントの二教授に各々くっついたあずさと千早が今の対立になっている訳か。どいつもこいつも業が深い連中だこと。

|

« さよなら絶望先生・第8話 | Start | ドージンワーク・舞台探訪 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf アイドルマスター XENOGLOSSIA・第21話:

» レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第21話 最後のプリン [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 10 / 萌え評価 17 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 31 / お色気評価 5 / 総合評価 13レビュー数 100 件 今回は、喋りたくないってふとんを被っているばかリボンに代わって、わたし水瀬伊織が予告をします。 よろしくね!! 全くもう、本当に困るのよね、いつまでたっても部屋から出てこないんだから、ばかリボンは!! 律子の作ったご飯くらい食べなさいっての? みんな心配してるんだから!! 確かに、とんでもないことが続けざま... [mehr]

verlinkt am: 29. August 07 19:24

« さよなら絶望先生・第8話 | Start | ドージンワーク・舞台探訪 »