« らき☆すた・第19話 | Start | ケンコー全裸系水泳部ウミショー・第7話 »

桃華月憚・第20話

今回は一応タイトルにも使われている「桃」の話。

邪気を祓うと言う桃で何事かを思いついた二宮のひばり。条件付きで人集めをしてみれば参集したのはいつものメンバー。二宮の条件付きなら他に誰も集まる訳が無いと言うが、いやあだったらあんたらも必ずしも来る必要はないんじゃ・・・。あれか、桃花が行くと言うので桃香と春彦がくっついて来て、真琴が行くと言うので章子がくっついて来たって訳か。

と言う訳で桃園にて桃狩り。収穫の1/3は二宮に上納すると言う条件で。
さっそく桃をほおばる桃花。
参考資料:
えー。CODE-Eの由真はちゃんと皮を剥いて食べていたぞ。流石に悪食の桃花だなあ。

十人十色・・いや、各人各様で桃の収穫は進む。真琴と章子の組はまた随分と穫って並べたものだ。並んだ桃を眺めていた章子は桃よりも真琴の桃を。
参考資料:
あんたはどこのあーくんだ。

真琴は川で桃を洗っていたら川上から大きな桃がどんぶらこ。春彦と章子に手伝って貰って陸揚げした桃をさっそく賞味してみようと言う事で、春彦が日本刀で真っ二つ。
参考資料:
参考資料:
あ、おい、ひょっとして中に居たのか?
かなりヤバイだろ。
なのにこの直後に前を横切る桃花が平然と桃香を探してる。見てもいないのかな。


実はその桃香が今回の話の中心。胡蝶三姉妹がこの桃狩りで目論んだのはどうも桃香に石剣の自覚を取り戻させ様とのものだった様だ。あの茶室からは私たちの力ではどうにも出られませんなんてのは桃香が必ず石剣を認識できると踏んでの事だったのか。

ところでもう一人の桃香。
由美子と寝ている桃香は髪が長いのであの場面はそっちの桃香との場面という事になるのかね。
参考資料:

|

« らき☆すた・第19話 | Start | ケンコー全裸系水泳部ウミショー・第7話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 桃華月憚・第20話:

« らき☆すた・第19話 | Start | ケンコー全裸系水泳部ウミショー・第7話 »