« 瀬戸の花嫁・第20話 | Start | Stateris-Africaやってみた »

CODE-E・第7話

前回ようやく外国人登録できたブリンベルケ姉弟。千波美を狙っているらしく千波美達の学校に転入して来た。目論見では千波美と同じクラスになりたかったみたいだが、別のクラスに編入。ミリスはアドルの工作が足りないからクラスが違ってしまったと責めるが、同じクラスに編入できる程の工作って何ができたんだ。

なんとか千波美とお近づきになりたいが為に、傘を忘れて困った人作戦を展開するが、どうみてもあの状態から千波美だけがアプローチできるなんて話はないだろう。それでも千波美が近づこうとした所を由真がとめる。あの二人からは危険な気配が感じられるからだと言う。

それがうまく行かなかったブリンベルケ姉弟は2- が開催した歓迎会で「お返し」をやる事で千波美との接点を築こうとするのだが、肝心の千波美が見物に来ていないのもあって不成功。

ようやくブリンベルケ姉弟が本格的に活動を開始したのだが、月並みな外人の勘違い行動で収まっているのであまり大した事が起きていない。もうちょっと「なにこの変な外人」と言うのを表現できなかったものだろうか。
参考資料:

|

« 瀬戸の花嫁・第20話 | Start | Stateris-Africaやってみた »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf CODE-E・第7話:

« 瀬戸の花嫁・第20話 | Start | Stateris-Africaやってみた »