« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第12話 | Start | ショスタコーヴィチ評盤記 »

アイドルマスター XENOGLOSSIA・第12話

アイスランドを吹っ飛ばすなんてアイスランド国民30万人に代わって私が許しません(をい
つか、あそこで大噴火が起こったら大西洋は凄いまずい事になりそうな気もするのだが。

真はもうすっかりダメダメ状態。だがそれももとをただすと嘗てネーブラに搭乗していたあずさの件(負けちゃった→動かなくなっちゃった)が心に刻まれた反動らしい。細かい描写は無いけれど。あずさをお姉ちゃんって呼んでたな。
参考資料:

作戦の開始命令も待たずに勝手にヒエムス回収に行った挙げ句にリファ+エピメテウス1に良い様にあしらわれてほとんど停止状態。

だがエピメテウスがヒエムスを回収しようとした所でヒエムスがまたも発動しかけてアイスランドごとぶっ飛びそうになるのを春香+インベルが防ぐ。あれが何で防げたのかよく分からんがw、ヒエムスを黙らせる事が出来たって事か。エピメテウスがちゃっかり回収した所を見ると。

EDの提供バックで気付いたんだけど、あの時春香ってきらーんとしていたんだね。
参考資料:

今や春香は淫ベルとすっかりなかよしさんだが、その話を延々とされた淫ベルの元カノの千早(千早も乗っていた?あずさとの関係はどうなるんだろ)が激情しちゃって大変ですよ。春香も罪作りな女だね。

|

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第12話 | Start | ショスタコーヴィチ評盤記 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf アイドルマスター XENOGLOSSIA・第12話:

» 摂氏700度の対決 XENOGLOSSIA12話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 エピメテウスシリーズ、人間によるアイドル複製計画の産物。この名前のエピメテウスとは何か?  ギリシャ神話ではプロメテウスの弟であり、父はティタン十二神のイアペトスであり、プロメテウスと共に広義のティタン... [mehr]

verlinkt am: 26. Juni 07 05:59

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第12話 | Start | ショスタコーヴィチ評盤記 »