« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第11話 | Start | 問題です。対になる言葉を素早く答えて下さい。 »

アイドルマスター XENOGLOSSIA・第11話

アイスランドは確かに緯度は高いながらグリーンランド、ましてや南極みたいな土地ではありません。
参考資料:
北大西洋海流のおかげでそれなりの気温。一方のグリーンランドは10世紀にアイスランドのヴァイキングが一度入植したものの、寒冷化などの影響で16世紀に一旦全滅している。

とは言っても寒いものは寒いという事で、春香は伊織から貰った腹巻きでぽかぽか。秘密兵器を覗き込む面々。背後ではジョセフ・真月までw
参考資料:

ここ20年ほどアイスランドの火山活動が停滞している為、調査をしてみたらどうやらアイドルのコアが眠っているらしいとの事。
参考資料:
これらの説明をする亜美(12歳・小学生)
・・・やっぱり設定に無理無いか?

モンデンキントが5個目のアイドルのコアをアイスランドに発見したとの情報を得て(誰ですか?千早に気に入られたい一心でスパイしてるって子は)奪取に向かう千早とリファ。それにしてもこう言うのって敵方は必ず人工的に力を強化したり人工的な疑似装置(この場合はアイドル)を作るんだよね。定番。

モンデンキント側は真がそろそろダメになりつつある事もあって、押され気味。ところが4体のアイドルが戦いを繰り広げたものだからマグマだまりの中にある5番目のアイドルのコアが反応をして活性化。その衝撃で戦いどころではなくなってしまう(なんか、リファがモロに溶岩の中に放り込まれた様に見えたのだがw)。

ふらふらとやってきた千早を春香がお人好しにも助けるのだが、
参考資料:
裸になって暖め合うってのを本当にやる人がいたよ!
あの状態じゃかえって凄い寒そうなのだが。

|

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第11話 | Start | 問題です。対になる言葉を素早く答えて下さい。 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf アイドルマスター XENOGLOSSIA・第11話:

» モンデンキントジャパン、北へ XENOGLOSSIA11話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 「100人乗っても大丈夫」とか「象が踏んでも壊れない」といった強靭さ・堅牢さの表現がありますが、これからは「ミサイル打ち込まれても形をとどめるアイドル」っていう表現も出来ますね。強さの新単位登場です。 ... [mehr]

verlinkt am: 17. Juni 07 22:03

» (アニメ感想) アイドルマスター XENOGLOSSIA 第11話 「ニヴルヘイム」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アイドルマスター XENOGLOSSIA (1) 5体目のアイドルを探して、アイスランドへやってきたモンデンキントJP。トゥリアビータがいつ襲ってくるかもしれないと言う緊迫した状況の中、捜索班はついにヒエムスを発見。だが、それはマグマの中にあり、取り出すことは困難である事...... [mehr]

verlinkt am: 18. Juni 07 21:51

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS・第11話 | Start | 問題です。対になる言葉を素早く答えて下さい。 »