« らき☆すた・第12話 | Start | 新感覚人形劇「アキバちゃん」DVD化・一部はYouTubeに »

ウエルベールの物語 ~Sisters of Wellber~・第12話

いよいよサンガトラスとウエルベールの開戦前夜。戦争体制の確立を行うサンガトラスでは反国家分子の摘発に乗り出してきた。ただ、あの反国家分子の思想背景がよく分からん。なんか薬品の調合(爆弾ですか?)をしていたり、新造戦艦の設計図を盗み出していたり、挙げ句の果てにそれをウエルベール国王に渡そうとしていたり。これだと単なる売国奴にしか見えませんが。その新造戦艦の設計図の渡し方もまた杜撰で、あんな面識の無いヤツに「ウエルベール国王へ渡してくれ」って手渡しなんかするか、普通。ウエルベールに渡ろうとする男も「サンガトラスはきな臭いからウエルベールに帰る」とか言っていたが、そのきな臭い国と交戦状態に陥りそうなウエルベールに渡ってどーすんだよ、お前は。

ともかく新造戦艦の設計図はあっさりウエルベール国王の手に渡る。そしてそれを見たローデンは先制攻撃を訴える。まあ確かにこれが完成の暁にはヤバイ事にはなりそうだ。だが、あれって地上戦にはどれだけ有効なんだ。

ハイデル国王が無為無策なのにじれてローデンは破壊工作を企てる。すげーな、王子自ら敵国に潜入ですか。港で訓令するだけかと思ったよ。

一方サンガトラスの方ではあっけなくリタがガラハドの手の者に捕まる。この時ティナは放置なんだけど、そんな事するか?普通は一緒に拘束するだろ。ガラハドは自慢げに新造戦艦をリタに開陳するのだが、そこに破壊工作で乗り込んできたローデンと遭遇。

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待って下さい。

ついさっきローデンはウエルベールで「戦艦を破壊するぞ!」とか言っていたばかりですよ。それがもうサンガトラスにいるの?
凄いなウエルベールの科学力。瞬間転送できるんか。

ともかくリタを見かけてしまったローデンは妹を返せとばかりにウエルベールにまで武勇が轟くガラハドに闘いを挑む。ああ、ローデンって色々突っ走るけど根は良いヤツなんだな。ところがこれがまたガラハドの注意を引きつける結果になって残りの工作員が新造戦艦を爆破。

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待って下さい。

警備兵居ないのか。なんでこんな無防備な。冥王星前線基地の反射衛星砲の発射基地以来の伝統だなこれは。
しかもあんな短時間で戦艦のあちらこちらから激しい爆発が。どんな爆弾をどう仕掛けたんだ。

リタを救い出そうとしたティナは城の兵士に見つかって負傷。ところがそこにもの凄く都合良くガラハド登場。
とりあえず役者が揃って最終回へ。


ところで、サンガトラスのこいつ、ジャミルみたいに女兵士かと思ったら、男?
参考資料:

|

« らき☆すた・第12話 | Start | 新感覚人形劇「アキバちゃん」DVD化・一部はYouTubeに »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ウエルベールの物語 ~Sisters of Wellber~・第12話:

« らき☆すた・第12話 | Start | 新感覚人形劇「アキバちゃん」DVD化・一部はYouTubeに »