« 夏が来れば思い出す 夏コミ向け空調服 | Start | Saint October・第26話 »

ながされて藍蘭島・第13話

物思いに耽る行人の姿と数学の教科書にはさまれていた写真の女の子の合わせ技で、例によって勝手に思い込んで行く藍蘭島の主要メンバ。まあ元凶はあやねなんだけど。

それで行人を籠絡させようとする面々だが、そんなやり方では素で迫るすずには敵わないぞ。まあ、りんの攻め方はそこそこ正攻法だけど。ゆきのははっきり言ってキモイw
参考資料:
誰だ、これw

そんな中で行人が海に出て行こうとするものだから、どうしても帰りたがっているのかと勘違いしたすずが海藻で行人の乗った船を引きずり戻す。と言うかぶん投げるんだけど。どんだけ丈夫な海藻だよ。つか、どんだけ怪力なんだよ。
参考資料:

結局今回の騒ぎもすずと行人の間を縮めた事になるが、そもそも一つ屋根の下で一緒に「寝ている」ふたりがここまで遅々として進まない方がどうかと。

相手が13歳だからか?>行人
でも、なにせこれで13歳w
参考資料:

|

« 夏が来れば思い出す 夏コミ向け空調服 | Start | Saint October・第26話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ながされて藍蘭島・第13話:

» (アニメ感想) ながされて藍蘭島 第13話 「会いたくて,行人」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ながされて藍蘭島 其之壱 (初回限定版) どこか周りの様子を伺うかのように、コソコソと何かを作っているすず。気になった行人が声をかけると、「今日はトンカツの誕生日だから、とびっきりおいしい豆腐を作って、みんなでお祝いしようと思って」とすずは笑顔で答えた。....... [mehr]

verlinkt am: 30. Juni 07 01:14

« 夏が来れば思い出す 夏コミ向け空調服 | Start | Saint October・第26話 »