« この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~・第12話 | Start | 色々な意味で微妙な「白泉男子」 »

一騎当千 Dragon Destiny・第12話

最初から最後まで一騎当千らしい作りのシリーズだった。一騎当千はストーリーはまあそんなもんでいいからw、派手に女の子同士のバトルをやってくれればよろしい。

そう言う意味では最終回がドラゴンの対決(そら、今期のタイトルがDragon Destinyかもしれないが)になっちゃったのはちょっと残念。まあ孫策も劉備もちゃんと人間の実体も描かれたけど。

孫策と言えば、劉備が曹操の竜に銜えられている時、

張飛「そないな事言ってる間に玄徳は死んでしまうで、なんとかならんのかい」
孔明「策はうってある」
関羽「策とは?」

孔明「孫策」

ってシャレを1%程度期待してましたw

魔王の亡霊を倒した後の一ヶ月後の世界がほのぼのしすぎ。
夏侯淵なんて一体どこのお嬢様ですかって感じ。
趙雲、あんたって人はそんなギャグキャラだったのか。

で、これだ。
参考資料:

あんたらこなたと同類でっせw

劉ちゃんは関さんにお薦めの本を。
参考資料:
なんでコミックスの表紙じゃないねんw

|

« この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~・第12話 | Start | 色々な意味で微妙な「白泉男子」 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 一騎当千 Dragon Destiny・第12話:

« この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~・第12話 | Start | 色々な意味で微妙な「白泉男子」 »