« 神曲奏界ポリフォニカ・第6話 | Start | 一騎当千 Dragon Destiny・第6話 »

この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~・第6話

前編で一旦落ち着く場所に落ち着いた静だが、勿論この後編で語られる様にそれで落ち着く訳がない。航達が卒業したら一体誰が静の面倒を見ると言うのだ。そしてその解は向こうからやって来た。どこでどんな改心をしたのか分からないが(やっぱり一人たった2話で詰め込むから)静の両親が心を入れ替えて静を引き取りに来たのだ。

ここまでの経緯もあるから航は強硬に静の両親の引き取りを拒絶する。静もまたすっかり航に懐いている。懐いているからこそあの強硬姿勢が出るのだろう。それにしてもいくら水着を着ているからとは言え、一緒に入浴はこれはやっぱまずいだろ。
参考資料:
これ絶対入ってるよあたってるよw

最強硬派の航も酔っぱらった沙衣里先生の話を聞いて、静の先の事を考えるとこのままで良い筈がないとの考えに至り遂に静に両親の元へ帰れと告げる。だがいきなりそんな事を言われた静が納得出来る訳が無い。一番信じていた航にそんな事を言われて静は泣いちゃったよ。
参考資料:

結局、航の長丁場の説得に静もおなかが空いて納得して両親の元に戻る事になる。
えええええ、つぐみ寮を出てっちゃうのかー!
と思ったら、もう帰ってきたよ。
うーん、この辺りも一人を二話に押し込む苦しさが出た所だろうか。


ところで酔っぱらった沙衣里先生、どう見てもゲームではやっちゃって下さいみたいなシチュエーションだねw
参考資料:

|

« 神曲奏界ポリフォニカ・第6話 | Start | 一騎当千 Dragon Destiny・第6話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~・第6話:

« 神曲奏界ポリフォニカ・第6話 | Start | 一騎当千 Dragon Destiny・第6話 »