« 一騎当千 Dragon Destiny・第4話 | Start | ながされて藍蘭島・第4話 »

神曲奏界ポリフォニカ・第4話

別の記事で書いたが火曜深夜の仲でもこの青空に約束をの方は制作側の頑張りが感じられたが(あくまでも個人的な印象)、このポリフォニカの方はどう見ても新人の練習台にされているとしか思えない。

勝手な想像で申し訳ないが、制作会社へ渡す金額が少ないものだから制作会社の方も単金の安い新人に描かせて作り上げている、そう言う印象の作画だ。
参考資料:
参考資料:


今回の話の内容はユギリ・ペルセルテとユギリ・プリネシカの双子が入学前の学院に見学に来た時にフォロンと出会い、しかもその時にフォロンはコーティカルテを呼び覚ますと言う一気に二つの大きなイベントのある回。しかし、長い間封印されていて神曲を供給されていなかったものだから、背が縮んだと言うのはまあよくあるとしても、性格まで幼児化するのかい。いや、結構あるパターンだけどさ。

|

« 一騎当千 Dragon Destiny・第4話 | Start | ながされて藍蘭島・第4話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 神曲奏界ポリフォニカ・第4話:

« 一騎当千 Dragon Destiny・第4話 | Start | ながされて藍蘭島・第4話 »