« ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第49話 | Start | 月面兎兵器ミーナ・第9話 »

地獄少女 二籠・第22話

第14話でまったく救われない境遇に落ちた拓真少年再び登場。

町では悪魔の子と村八分にされているが、それを全く意に介さないせりと出会う。町の人間から村八分にされた少年と、町を出ようとしている少女。ふたりの奇妙な出会いはその特異さから親密さを醸成して行くが、せりは実は家をなくされた恨みを建設会社の重役蓮江にぶつけて金を強請っていた。父親に「悪い事をしたら必ず自分に跳ね返ってくる」と教えられた拓真には相容れないせりの生き方だったが、それでも誰一人自分を分かって貰えない中でのせりは大切な人に思われた。とは言えこのまま一緒に暮らす事が出来ないせりは拓真に別れを告げ、蓮江から金を受け取って町を出ようとしたら・・・

あー、やっぱり今回のターゲットはせりだったか。
地獄チームが慮ったのかせりは拓真の目の前で地獄に流されると言う事にはならなかったが、きくりがわざと拓真に教えに来た。きくりのセリフの意味を悟った拓真が向かった先には札束に偽装された新聞紙が散りバイクが倒れていた。そう、せりが地獄に流されたのだ。

なに、このとことん悲惨な目に遭う拓真って少年。

次回にもそのまま続き、どうやら地獄少女二籠の締めのテーマになりそうだな。

と、救われない話の中にもサービスシーンw
参考資料:
骨の姐さん、やっぱ普段は和服なんで下になにも着てないとか?

シャワーシーンの後、浴室から出て少年に「あててんのよ」なんて、なんとお決まりのコースだろか。
参考資料:

|

« ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第49話 | Start | 月面兎兵器ミーナ・第9話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 地獄少女 二籠・第22話:

» 地獄少女 二籠 第二十二話「憧憬」 [よう来なさった!]
今回は憂鬱アニメらしく、切ない話になりました。 まぁ憂鬱なのは久しぶりに登場の紅林拓真なのでしょうけど。 『静かな湖畔』の話以来の登場ですね。 あの後、親殺しの疑いを掛けられてしまって 毎日を憂鬱に、そして半ば開き直って生活しているようで 情緒不安....... [mehr]

verlinkt am: 11. März 07 07:00

« ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第49話 | Start | 月面兎兵器ミーナ・第9話 »