« Saint October・第11話 | Start | コードギアス・第21話 »

のだめカンタービレ・第10話

学祭の前夜祭で仮装演奏会をする事に決まったSオケ。話に賛同する面々の中に何故か必死なまき。峰に気があるのか。

一方で千秋はAオケでラフマニノフ(どうでも良いが、らふまにのふを「ラフ魔に野府」とか変換するな>ATOK)のピアノ協奏曲第2番を演奏する事になる。指揮はシュトレーゼマン、ピアノ独奏が千秋。

ラフマニノフの2番か。ちょっとぐぐってみたら既にドラマ版ののだめの放送の時に引き合いに出されているが、少女マンガでラフマニノフの2番たらくらもちふさこの「いつもポケットにショパン」でしょ。あれ以来少女マンガではラフマニノフの2番が定番曲になったw それくらい当時鮮烈なイメージだった。あの頃は別マを毎月楽しみ買っていた頃だったんだよな~・・・って話がずれたけど。

千秋のピアノ演奏をやけに熱心に指導するシュトレーゼマン。こいつが真面目な時はいつも必ず裏があるのだが、今回は何だろう。最後で「日本にいるのもこれまで」みたいな事を言っていたので、それまでに千秋を一段階成長させようと言う事だろうか。そのシュトレーゼマンは千秋にもっと見せる演奏をしろと言う。見せる演奏に迷いのある千秋だが、Sオケがやった仮装コンサートに見せる魅力を見いだした様だ。確かに学祭ならああいう演奏もあった方が楽しいかもしれない。普段の演奏会ではあまり嬉しくないが。やっぱりコンサートは基本は聴きに行ってるんだよね。

Sオケのコンサート当日、何やらやけに観客が多い様子。少なくとも生シュトレーゼマンを聴きたいって聴衆は来るでしょう。一応この世界では巨匠らしいのだから。それにCLASSIC LIFE誌が千秋を宣伝したのも影響してるか。この記事書いた人、絶対女性よ~!とか言われる程の内容だった様だしw

|

« Saint October・第11話 | Start | コードギアス・第21話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf のだめカンタービレ・第10話:

« Saint October・第11話 | Start | コードギアス・第21話 »