« コードギアス・第20話 | Start | 地獄少女 二籠・第22話 »

ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第49話

ラスボスは若本様

終盤にさしかかってブラック学園長はどうもラスボスではなく単に操られているだけな様子が描かれたが、なんとそのラスボスは若本様ですよ、若本様。なんつーか、若本様を出しておけばとりあえず最終回なんて安易なまとめ方、とか言う以前にこれはここまで2年間つきあってくれた大きなお友達への感謝的なネタと思った方が良いのではないだろうか。だって、普通なら2年間の最後の最後にいきなり若本様でラスボスですなんて出来ないよw

ブラック学園長にとりついたブラッククリスタルキング(笑、若本様、何て素晴らしいキャラ名を頂戴してるのでしょう)、ブラック星のエナジーは我が物にしたから次はロイヤルワンダー学園のソレイユベルにまつわるハッピーエナジーを取り込む事で宇宙が我が物になる、とか、いやこれまたネタとしか思えない設定を出してきてソレイユベル引きずり出しをブラック学園長に命じる。ブラック学園長はロイヤルワンダー学園との姉妹校提携を持ちかける事でこれを実現しようとする。おい、久川さん、あんた日曜深夜は愛光学園が姉妹校聖桜学園合併の手はずを進めて、土曜朝はこっちの姉妹校ですかい。

姉妹校提携パーティーの準備を仲良く進めるふたご姫達とビビンだが、ビビンはこれからやらねばならぬ使命に顔が曇る。エドちんが偶然ソレイユベルを見つけた事でやむなくアンハッピーフルーツの種をソレイユベルに。

姉妹校提携パーティーでハッピーを充分吸い取ったアンハッピーフルーツの種が発動。次々とロイヤルワンダー学園の生徒達を吸い込んで虜に。あ・・・あれ?姉妹校提携パーティーの割にはブラック学園の生徒はビビンしかいないんじゃ?だが、凶暴化するアンハッピーフルーツを見てビビンはこれ以上自分を偽る事が出来なくなってふたご姫の加勢に。

無事アンハッピーフルーツから解放されるアルテッサとリオーネ。
参考資料:
アルテッサを助けたのはアウラーじゃなくて兄ブライトですかい(ノ∀`)。
シェイド、なにげにリオーネをお姫様だっこですな。

今回は凶暴な力をふるうアンハッピーフルーツ。だが、それを操るブラック学園長が正気を取り戻しかけるすきをついてまたもアンハッピーフルーツを鎮圧する祝福の力。
はれてブラック学園長も白くなり(下着かと思いましたよw)、ビビンも束縛から解かれてこれで本当のお友達に。嬉しそうだな、ビビン、良い笑顔だ。
参考資料:

ところがこれでおさまらないのが若本様ですよ。
若本様、ドスの利いた声でふたご姫にすごみ(下記参考動画参照)、いよいよ最終回へまっしぐら。

|

« コードギアス・第20話 | Start | 地獄少女 二籠・第22話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第49話:

« コードギアス・第20話 | Start | 地獄少女 二籠・第22話 »