« コミケカタログを携帯化したい | Start | オリコンチャートとYouTubeのマッシュアップ »

パンプキン・シザーズ・第11話

サブタイが「静かなる胎動」とある様に、久しぶりにシリーズ底流に関係する話。

陸上第三課に新聞社からの取材。ドルトンは感じの良さそうな記者かと思ったらそうでもない。コルティ博士に繋がりがあるヤツと言う事はただ者ではない。それにしても、オーランド伍長の腋にぶら下がっているドアノッカーの一部だけを見てよくそれと分かったものだ。ところでどうなんだろう、この新聞記者、果たして誰の差し金で陸上三課に取材に来たのだろうか。軍の広報が宣伝の為に取材させたのか、記者が偶然取材に来たのか、はたまた裏でこの記者を動かしたヤツがいるのか。

ドアノッカーの存在を知ったコルティ博士がカウプラン機関の人間(来たのは本人だが)を呼び出してその真偽を質したものだから、カウプランは証拠隠滅とばかりにコルティ博士を殺して部屋を焼き払う。情け容赦ないな。

一方、この記事が結構でかく載ってアリス少尉がセシルの目にとまった為、アリス少尉は拉致されてセシルの兄が調べていた機密を世に出して政府を中から変えてみせろと言う。どうしたいのか気持ちだけは分かるが、でもやってる事はアリス少尉が言っているとおり書類をネタに愚痴をこぼしてるだけじゃないか。本当に政府を何とかしたいのならアリスを脅すだけじゃだめだろ。

アリス少尉の自称婚約者シュルツがのこのこ出て来てどうする気よと思ったが、うまくアリス少尉の拉致を伝える役になった様だ。
へぼい貴族のぼんぼんだが、邪心が無さそうなだけ本当のアリス少尉の婚約者よりずっとイイヤツに見える。
もうひとがんばり活躍する姿を見たいものだ。

|

« コミケカタログを携帯化したい | Start | オリコンチャートとYouTubeのマッシュアップ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf パンプキン・シザーズ・第11話:

» パンプキンシザーズ第11話の感想-軍の建物は誰でも出入り自由なのですか? [作品凝視鑑賞♪]
最近、記事がだんだん長くなって、まとまりがなくなってきてたので、もっとまとめて書くことにしました。仕事もしないといけないので、時間節約っと。「わかってます。まだ記事にはしませんよ」こういうことがあると、軍内部に新聞記者がうろうろしてるってのはどうかと、っていうことになりますね。... [mehr]

verlinkt am: 13. Dezember 06 00:06

» パンプキンシザーズ第11話の感想-軍の建物は誰でも出入り自由なのですか? [作品凝視鑑賞♪]
最近、記事がだんだん長くなって、まとまりがなくなってきてたので、もっとまとめて書くことにしました。仕事もしないといけないので、時間節約っと。「わかってます。まだ記事にはしませんよ」こういうことがあると、軍内部に新聞記者がうろうろしてるってのはどうかと、っていうことになりますね。... [mehr]

verlinkt am: 13. Dezember 06 00:08

« コミケカタログを携帯化したい | Start | オリコンチャートとYouTubeのマッシュアップ »