« 近未来通信になんと3000万人が騙されました | Start | とらのあな 1/6 スーパーブラックジャック Rio »

くじびきアンバランス・第8話

婚約を決めるには未だあまりにも早い。そして昔の思い出を忘れるにはこれまた未だあまりにも早い。

今日は律子の誕生日(何歳だ?)。と同時に婚約発表のパーティーでもあった。そんな場所に時乃は千尋を連れて訪れる。そんな場所だからこそ招待されていない二人は入れない筈なのだが、そこにたまたま婚約者の織部雅彦氏。このあたり時乃のくじ運の良さが光ってるのかも知れない。これで二人は普通の格好をしてパーティの中へ。

中では最近の千尋の変なくじ運の強さで3人だけで話をする機会が生まれる。しかもあのニワトリ付き。随分長生きなニワトリだが、3人を結ぶポイントでもある。

むかしのことをわすれていない二人の事が律子の心を大きく揺さぶる。
口元と指先が雄弁に物語る描写だった。

表現方法はいいんだが、もうちょい絵が何とかならんものか。こう言うデザインなんだろうけどさ。
律子の身体がおばさんに見えちゃうんだよ。

|

« 近未来通信になんと3000万人が騙されました | Start | とらのあな 1/6 スーパーブラックジャック Rio »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf くじびきアンバランス・第8話:

» くじびきアンバランス 8くじ目・「むかしのことをわすれている。7点」を見て寸評 [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 どきどきしているのが恋というなら、千尋とダンスしているときの律子は、そしてそれを見守る時乃は…  ということで、相変わらず微妙な表情の書き方が上手いと感じる。特に、開けっぴろげな時乃ではなく律子の顔。僅かに唇を上げる、注していなければ分らないような変化こそが彼女の感情を読み解く鍵か。  どう見ても自分の望まぬ婚約を強いられている律子。この展開が最後にどう生きるのか…ラブコメの王道を行く展開なのだか�... [mehr]

verlinkt am: 26. November 06 18:32

» くじびきアンバランス 第8話「むかしのことをわすれている。7点」 [バラックあにめ日記]
あくまで"くじアンにしては"という前置きは入りますが、凡庸な出来。 特に今回は作画が"くじアンにしては"辛く、いつもなら律子のあの幾何学的なまでの僅かな目線だけでさえ鋭い感情が読み取れた所を、身体全体の芝居を持ってしても、いつもよりそれらが伝わってきません..... [mehr]

verlinkt am: 28. November 06 09:00

» くじびきアンバランス 8くじ目「むかしのことをわすれている。7点」 [CHEZ MOKANA]
「そうだ!誕生パーティーに乱入しよう!」 ッてなノリで乗り込むのは止したほうが良いかと… 普通だったら半分嫌がらせですよね。 【ここから先はネタばれの可能性アリアリっす!!】 ... [mehr]

verlinkt am: 02. Dezember 06 08:00

« 近未来通信になんと3000万人が騙されました | Start | とらのあな 1/6 スーパーブラックジャック Rio »