« メガハウス 1/8 RAHDX ガンダムSEED フレイ・アルスター | Start | ちょこッとバナナ »

パンプキン・シザーズ・第9話

オレルド准尉がある朝に霧の中で見かけた女性が妙に心に残る。まるで川に飛び込みそうな様子だった。

この女性は実は行きつけのお店の女の子だった。しかしこのハンナは少しも笑おうとしない(これはこれで客商売としてどうなのよと思うが)。オレルド准尉はハンナに何とか笑顔を取り戻そうと色々手を尽くすがかんばしくない。挙げ句の果てがハンナをとろうした他の客相手に喧嘩を売って店の用心棒に叩き出される。女将のセリフがオレルド准尉を射抜く。お前に何が出来るのかと。

普段さんざん遊んでいるせいかオレルド准尉はこう言う子に弱かったのか。店で喧嘩した果てに戦闘記録を調べ上げてハンナの「戦時」を終わらせようとするのだから。だがそれでも「ふられちまった」なの?
ハンナの戦時はおわったけれども彼との関係は未だ終わらなかったと言う事か。こんなふたりだったんだからそう簡単には忘れられないか。
参考資料:
初々しすぎるw

一応戦時・戦後がネタに絡んでいたとは言え、これまで陰に陽に絡んできた兵器実験をしている組織は無関係の話(実はこのエピソードですら絡んでいたら凄い構成力だな)。オレルド准尉物語な回だったが、2クール?なせいか展開に余裕があるね。

ステッキン曹長メインの話も期待していいんだよね?

|

« メガハウス 1/8 RAHDX ガンダムSEED フレイ・アルスター | Start | ちょこッとバナナ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf パンプキン・シザーズ・第9話:

« メガハウス 1/8 RAHDX ガンダムSEED フレイ・アルスター | Start | ちょこッとバナナ »