« 全世界へ醜態をお送りするSony Computer Entertainment PS3 | Start | ギャラクシーエンジェる~ん・第7話 »

N・H・Kにようこそ!・第19話

委員長の兄トロトロは佐藤とは比較にならない程の引きこもりだった。そして委員長の今の姿はその兄を何とかしようとした挙げ句の果ての悲惨な末路。それにしても、委員長は最初のコスプレ喫茶で酷い目に遭ったのにその後も2店目・3店目と同じ道を辿るとは。普通は1店目で懲りないか。

佐藤達にはどうしようも無い委員長の境遇に立ち去ろうとした時に兄トロトロからオンラインで話がしたいとの申し出。頭では分かっても「生活を変えるのが怖い」と言うのだ。そして佐藤には今のままはまり込むなと。この段階ではもうどうやって引きこもり脱出が出来そうか全く見通しが立たなかったが、RMTはまだしもネットで転売利益を追及してみたらどうだったのだろう。或いはデイトレーダーとか。1日中PCの前に座っているのならそこそこの事が出来そうに思えるが。どちらも目利きがいるけどね。少なくとも儲けた人は都市伝説ではない。

そんなトロトロに生活環境が強制的に変えられる日が来た。マウスロードに司直の手が入ったのだ。そのせいで委員長がいきなり家を空ける事になり、餓死しそうになったトロトロが町の蕎麦屋に助けを求めたのがきっかけで更正の道へ。でも普通はそんなうまい事行かんだろ。

佐藤はと言うと、アパートに帰ってからの生活はしっかり岬に食事を作って貰っている。うーん、こいつ、なんだかんだ言ってうまい生活を送っているじゃないか。この作品が始まった時には岬の行為を大いに疑ったのだが、ここまでくればある一面では本物だな。例の「自分よりもダメ人間が必要」と言うのを置いておけば。

そして佐藤の日常と言えば山崎とのゲーム作り。相変わらず進捗が悪そうだが。進捗が良くてもどれだけ売れるのかと言うのがまた懸案事項だ。そんな状態で冬コミまであと2ヶ月を切った。あと2ヶ月を・・・

ぐはぁ

カレンダー見たら私のサークル参加日と同じじゃん。
参考資料:

|

« 全世界へ醜態をお送りするSony Computer Entertainment PS3 | Start | ギャラクシーエンジェる~ん・第7話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf N・H・Kにようこそ!・第19話:

« 全世界へ醜態をお送りするSony Computer Entertainment PS3 | Start | ギャラクシーエンジェる~ん・第7話 »